f(x) クリスタル、映画デビュー作「エビギュファン」で「黄金撮影賞」の人気賞を受賞…喜びのコメント

TVREPORT |

写真=H&エンターテインメント
f(x)のクリスタルが「黄金撮影賞」で撮影監督が選んだ人気賞を受賞した。

20日、「第41回黄金撮影賞」授賞式が安山(アンサン)文化広場で開かれた。授賞式には一年間映画界を輝かせた俳優、スタッフ、制作者たちが出席した。「黄金撮影賞」は韓国映画の持続的な技術感覚を維持し、新しい顔を見つけることに目的を置いた映画祭で、(私)韓国映画撮影監督協会が主催する。今回クリスタルとチャ・スンウォンが受賞した撮影監督が選んだ人気賞部門の歴代授賞者としては映画「陪審員たち」のキム・ホンパ、「EXIT」の少女時代のユナ、「毒戦 BELIEVER」のリュ・ジュンヨル、「完璧な他人」のソン・ハユンなどがいる。

クリスタルは11月に韓国で公開された映画「エビギュファン」で年下の恋人との間の子どもを妊娠した大学生のトイル役を演じ、妊娠5ヶ月の妊婦に大胆変身した。映画で再婚家庭、婚前妊娠など、世界の偏見に堂々とぶつかり、自分の実の父親を探すトイルの旅程を興味深く描いた。映画デビューとは思えない揺るがない演技で物語をリードし、映画に登場する様々な家族と演技的な調和でもバランスを失わず、トイルの魅力を最大化した。

人気賞の主人公に選ばれたクリスタルは「私の初めての映画『エビギュファン』で授賞することになり、光栄だ。撮影監督の方々に選んでいただいてより意味深いと思う。もっと頑張りなさいという意味で受け入れ、演技を頑張る」と授賞の感想を伝えた。

映画「エビギュファン」に続き、クリスタルは今年Netflix映画「甘酸っぱい」でも輝く活躍を繰り広げた。大企業の契約社員ボヨン役に完全に溶け込み、観客にもう一度新たな衝撃を届けたのだ。堂々としたシックなイメージとは異なり、壊れることも恐れない演技はもちろん、残業に疲れた姿までも違和感なくこなす意外な魅力で観客を魅了した。

このように作品ごとに新しいキャラクターに挑戦し、自分の演技の色を豊かにしているクリスタルがこれからどんな演技を披露するか、期待が集まる。

また、クリスタルは韓国で来年上半期放送予定のKBS 2TV「Crazy Love」で存在感ゼロの秘書、イ・シナ役でキム・ジェウクと共演する。

記者 : イ・ヘミ