Ara、映画「悲しい熱帯」への出演が決定!キム・ソンホとの共演に注目

OSEN |

写真=アーティストカンパニー
女優のAraが、映画「悲しい熱帯」(監督:パク・フンジョン)に出演する。

本日(19日)、所属事務所のアーティストカンパニーは「Araが映画『悲しい熱帯』に出演する」と明らかにした。

「悲しい熱帯」は、ボクシング選手出身の少年が、ミステリアスな者たちのターゲットになったことで始まる、追いつ追われつの物語を描いたアクションノワール。「新しき世界」「The Witch/魔女」「楽園の夜」を演出したパク・フンジョン監督がメガホンを取り、キム・ソンホが出演する。

Araは「悲しい熱帯」を通じて、前作とは違うイメージチェンジを披露する予定だ。彼女はケーブルチャンネルtvNドラマ「応答せよ1994」、総合編成チャンネルJTBC「ハンムラビ法定」、SBS「ヘチ 王座への道」、KBS 2TV「ドドソソララソ」などを通じて幅広いスペクトルの演技を見せてきた。

特にAraは2016年に公開された映画「探偵ホン・ギルドン:消えた村」以来、約5年ぶりに映画出演のニュースを伝え、彼女が見せる新しい顔に期待が高まっている。

Araが出演する「悲しい熱帯」は、12月10日にクランクインする予定だ。

記者 : ソン・ミギョン