キム・ソンホの「1泊2日」降板に反対する請願が殺到…KBSが正式に回答“お互いに協議した”

OSEN |

写真=OSEN DB
KBSがキム・ソンホの「1泊2日」降板に反対する請願に正式に答えた。

KBSバラエティセンターのイ・ファンソンバラエティCPは8日、「まず『1泊2日』を愛し、貴重なご意見をくださった視聴者の皆様に感謝申し上げます」とし「KBSは10月20日、キム・ソンホさんが番組から降板すると発表しました」と伝えた。

続けて「その公式コメントを表明する前、お互いに事前に協議する過程があったことをお知らせいたします。2年間苦楽を共にして、良い姿を見せてくれた6人のメンバーの阿吽の呼吸をこれ以上お見せすることができなくなり、スタッフも非常に残念に思っています」と語った。

そして最後に「しかし、今後も最善を尽くして良い番組をお見せできるよう努力します。もう一度、貴重なご意見をいただき、ありがとうございます」と付け加えた。

キム・ソンホは最近、元交際相手による私生活の暴露が物議を醸し、「1泊2日」シーズン4から降板した。降板が決まった当時、制作陣はOSENに「すでに撮影された部分は可能な限り編集する予定です」と説明した。

その後、KBS視聴者権益センターの「視聴者請願」掲示板には、彼の降板に反対する請願が掲載された。そんな中、キム・ソンホが予定通り映画「悲しい熱帯」に出演し、活動を続けると報じられ、ファンの請願は勢いを増した。

そして降板に反対する請願に同意する人々が増え、社内部署の責任者が直接返事をしなければならない基準に達したため、KBSが正式にコメントを発表することになった。

彼の降板が決まった後に放送された「1泊2日」では、オープニングタイトルからキム・ソンホを除き、DinDin、ヨン・ジョンフン、ムン・セユン、VIXX ラビ、キム・ジョンミンの5人だけを映した。

・“キム・ソンホが降板”バラエティ番組「1泊2日」レギュラー5人で収録へ

・キム・ソンホ、ドラマ「海街チャチャチャ」の台本集に残したメッセージに注目“今の人生が好きと言えるように…”

【イ・ファンソンバラエティCP コメント】

「1泊2日」を愛し、貴重なご意見をくださった視聴者の皆様に感謝申し上げます。

KBSは10月20日、キム・ソンホさんが番組から降板すると発表しました。

その公式コメントを表明する前、お互いに事前に協議があったことをお知らせいたします。

2年間苦楽を共にしながら、良い姿を見せてくれた6人のメンバーの阿吽の呼吸をこれ以上お見せできなくなり、制作陣も非常に残念に思っております。

これからも最善を尽くして、良い番組をお見せできるよう努力いたします。

改めて貴重なご意見をくださり、誠にありがとうございます。

記者 : チェ・ナヨン