韓国のプロデューサー兼DJのNight Tempo、メジャー・オリジナル・アルバムより先行シングル第2弾「Wonderland feat. BONNIE PINK」配信スタート

Kstyle |

今や海外でも一大ムーブメントとなっているジャパニーズ・シティ・ポップのブームのきっかけとなった「プラスティック・ラブ」現象を巻き起こした立役者の1人=韓国のプロデューサー/DJのNight Tempo。12月1日に発売となる自身初のメジャー・オリジナル・アルバム「Ladies In The City」のジャケット、トラックリスト、そして参加ゲストの詳細が明らかになった。

舞台は80年代後半から90年代の日本、高度経済成長を背景に社会進出を果たした都会に暮らす女性達の物語を綴ったこのアルバムのイラストを手掛けたのは、「スローモーションをもう一度」「機動戦士ガンダム バンディエラ」を手掛ける人気漫画家の加納梨衣。今年1月にリリースしたNight Tempoのローファイ・ヒップホップ・アルバム「Concentration」のイラストも手掛けた彼女が、アルバム・コンセプトを基にどこか懐かしさを覚える東京を描いている。アート・ディレクションは「Love Actually feat. Crystal Tea」のシングルに続き、highlights inc.が担当した。

そして、このアルバムにゲスト参加する10名の女性アーティストも公開された。

BONNIE PINK、上坂すみれ、刀根麻理子、山本彩、野宮真貴、道重さゆみ、Crystal Tea、竹内美宥、十束おとは(フィロソフィーのダンス)、国分友里恵という、80年代から活動を続けるベテラン・アーティストから、今を時めく若手アーティストまで、Night Tempoだからこそ成しえたバラエティに富んだ顔ぶれがこの1枚に集まった。

そして本日(3日)より、アルバムからの先行シングル第2弾「Wonderland feat. BONNIE PINK」が配信スタート。作詞はBONNIE PINK、作曲・プロデュースはNight Tempo。BONNIE PINKが「不思議な国のアリス」のストーリーをモチーフに、叶わなかった恋をテーマに作詞、Night Tempoがクールで迷宮感のある東京をディープ・ハウスのアプローチで表現した、疾走感溢れるナンバーに仕上がっている。夜の東京タワーとその周りの街並みをイラストにしたこの配信シングル・ジャケットも加納によるもの。Wonderland=夜の東京を表現していると言えよう。

また、Night TempoのYouTubeチャンネルでは「Wonderland」のミュージックビデオも同時公開されている。株式会社オクナックの水野那央貴がディレクションを務めた映像の中で、印象的なダンスを披露しているのは、昨年以降、マカロニえんぴつの「⽣きるをする」、佐藤千亜妃の「Who Am I」、たかやんの「らいふいずあびっち」といった楽曲のミュージックビデオに出演が相次いでいる注目の女性ダンサー後藤栞奈。夜の東京各所で撮影され、多くが日本好きという彼の海外ファンにとっても、コロナ禍で日本へ来れない状況の中、今の東京を切り取った映像ということで反響を呼ぶことだろう。



■リリース情報
メジャー・オリジナル・アルバム「Ladies In The City」
2021年12月1日(水)発売

発売元:ユニバーサルミュージック

○初回生産限定盤(UICE-9096)
10インチ紙ジャケ仕様/ジャケット・ステッカー封入 / ¥3,300(税込)

○通常盤(UICE-1211)
ジュエルケース仕様 / アルバム・ロゴ・ステッカー封入(初回生産分のみ)/ ¥2,970(税込)

<収録曲>
01 Intro
02. Wonderland feat. BONNIE PINK
03. One Way My Love feat. 上坂すみれ
04. Endless Mirage feat. 刀根麻理子
05. I Don't Wanna feat. 山本彩
06. Tokyo Rouge feat. 野宮真貴
07. Night Light feat. 道重さゆみ
08. Love Actually (Re-edit) feat. Crystal Tea
09. Sentimental feat. 竹内美宥
10. House Music feat. 十束おとは(フィロソフィーのダンス)
11. Sweet Combination feat. 国分友里恵
12. Outro

■配信情報
「Wonderland feat. BONNIE PINK」
配信URL:https://umj.lnk.to/Wonderland

■関連リンク
Night Tempo Official Website:https://nighttempo.com

記者 : Kstyle編集部