アン・ボヒョンからパク・ヘジンまで、マスクをしてもイケメン!オーラを隠せない俳優たちに注目

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
新型コロナウイルスの影響で、様々なイベントが中止になったり、縮小された状況で行われている。普段はファンに会ってコミュニケーションをとる多くのスターたちも、ファンとの直接的な出会いの代わりに、オンラインを活用したり、ソーシャルディスタンスを実践するなど新型コロナウイルスの防疫規則を守っている。

各イベントや試写会など、現場でファンに会ってきたスターたちは、今は現場に向かう途中でファンと短い挨拶を交わす。マスクをしてソーシャルディスタンスを守っているが、スターたちに直接会いたいと思っていたファンの願いは、そのままスターに届いている。今回はコロナ禍でマスクをしても抜群のビジュアルを誇示しているスターをまとめてみた。


◆チョ・インソン

俳優チョ・インソンは、映画「モガディシュ 脱出までの14日間」の公開時、ラジオに出演するため放送局へ向かった。マスクでも隠すことのできない優れたビジュアルで視線を釘付けにした。

映画「安市城」の公開当時、清渓(チョンゲ) 広場で行われたレッドカーペットイベントに出席した。チョ・インソンはオレンジ系のスーツを着こなし、目を引いた。


◆パク・ヘジン

オンラインファンミーティングに出席したパク・ヘジン。マスクまでオールブラックで揃えたスタイリングが印象的だ。

マスクをしてもしていなくても、大きな目と穏やかな眼差しが印象的だ。


◆ユン・シユン

俳優のユン・シユンは、マスクをしてもいつものように明るい雰囲気を見せている。


◆アン・ボヒョン

大ブレイク中の俳優アン・ボヒョンは、「第26回釜山国際映画祭」に参加。レッドカーペットイベントでは、マスクを外してタキシードを着用したが、ファンと直接会う屋外舞台挨拶には、マスクをして参加した。


◆チャ・スンウォン

映画「シンクホール」を広報するため、ラジオ番組に出演するチャ・スンウォンが、ナチュラルだがスタイリッシュなファッションで登場した。サングラスとマスクで顔を隠しているにもかかわらず、圧倒的なカリスマ性を見せている。

チャ・スンウォンはダンディーなスーツが最もよく似合うスターの一人として知られている。

記者 : ソン・イルソプ