DRIPPIN、デビュー1周年を迎えファンに感謝「これからも一緒に楽しい思い出を作ろう」

OSEN |

写真=Woollimエンターテインメント
DRIPPINがデビュー1周年を迎えた。

DRIPPINは28日、所属事務所Woollimエンターテインメントを通じて「1年間音楽番組にも出演し、様々な方法でDREAMIN(DRIPPINのファン)と交流しながら本当に時間を忘れて過ごした」と感想を語った。

「最初はDREAMINに会ったら緊張したが、今はむしろ待ち遠しくて、会ったら面白くて楽しくて、本当に嬉しい」とファンに愛情を表現したDRIPPINは「まだ一緒にいられる日が多いので、これからも一緒に楽しい思い出を作ろう。本当に感謝しているし、愛している」とファンに温かい挨拶を伝えた。

昨年10月28日、デビューアルバム「Boyager」で堂々と音楽界にデビューしたDRIPPINは、初登場から優れたビジュアルと完璧なパフォーマンスを披露し、一気に“グローバルルーキー”に浮上した。

続けて2ndミニアルバム「A Better Tomorrow」でユニークな“ヤング&ハンサム&リッチ”な魅力を披露し、多数のファンを確保した。

爽やかで少年らしい魅力を披露した1stシングル「Free Pass」も全世界のK-POPファンから反響を呼んだ。

毎回多彩な姿と絶え間ない成長を見せているDRIPPINがこれから繰り広げる目覚しい活躍に期待が高まっている。

記者 : チ・ミンギョン