WEi キム・ヨハン&チョ・イヒョンら出演、新ドラマ「学校2021」4人4色のキャラクターポスターを公開

OSEN |

写真=KBS 2TV「学校2021」
「学校2021」が若者たちの成長を描く。

11月17日午後9時30分に韓国で放送がスタートするKBS 2TV新水木ドラマ「学校2021」が、4人4色の個性が際立つキャラクターポスターを公開した。

同作は、入試戦争ではなく、違う道を選択した子供たち、曖昧な境界に置かれた18歳の若者たちの夢と友情、トキメキの成長過程を描いた作品だ。

28日に公開されたキャラクターポスターには、WEiのキム・ヨハン(コン・ギジュン役)、チョ・イヒョン(チン・ジウォン役)、チュ・ヨンウ(チョン・ヨンジュ役)、ファン・ボルムビョル(カン・ソヨン役)が「学校2021」で演じたキャラクターの特徴がそのまま収められており、視聴者の好奇心を刺激した。

まず、負傷で11年間の夢だったテコンドーをやめたコン・ギジュンに変身したキム・ヨハンの姿が目を引く。青い背景の中で空を見つめる彼の眼差しは、夢が消えたコン・ギジュンの気持ちをそのまま見せている。夢を見つけるための彼の挑戦に関心が高まっている。

大工という確かな夢を持ったチン・ジウォン役のチョ・イヒョンは、拳を握って笑顔を見せており、活気に満ちた雰囲気を醸し出す。元気な彼女の姿からは木工への意志を燃やすエネルギーを垣間見ることができ、彼女が演じるチン・ジウォンが期待される。

噂の多い秘密の転校生チョン・ヨンジュに扮したチュ・ヨンウは鋭い雰囲気を漂わせ、視線を奪う。「話しかけるな。僕は死にたくないから」という文章は、冷たく防御的なチョン・ヨンジュへの好奇心を刺激する。

最後に、ファン・ボルムビョルは野心満々な目つきで、大学に向けた並々ならぬ意志を持ったカン・ソヨンをリアルに表現した。後ろ手を組んでクールな表情を見せる彼女が、大学進学で人生の第2幕を迎えることができるかどうか、ドラマのストーリーが気になる。

「学校2021」の制作陣は「キム・ヨハン、チョ・イヒョン、チュ・ヨンウ、ファン・ボルムビョルは阿吽の呼吸を披露している。彼らが演じる夢についてそれぞれ異なる考えを持った4人のキャラクターが、木工を通じてどのように近づき、どんなケミ(ケミストリー、相手との相性)を披露するか、楽しみにしてほしい」と伝えた。

KBS 2TV新水木ドラマ「学校2021」は、韓国で11月17日午後9時30分より放送される。

記者 : チャン・ウヨン