2PM ジュノ&イ・セヨン主演、新ドラマ「袖先赤いクットン」スペシャルポスターを公開…甘い雰囲気

Newsen |

写真=MBC「袖先赤いクットン」
「袖先赤いクットン」の恋人ポスターが、正祖(チョンジョ)イ・サン役の2PM ジュノと宜嬪成氏役のイ・セヨンの甘い瞬間を捉えた。

韓国で11月12日に放送がスタートするMBC新金土ドラマ「袖先赤いクットン」(演出:チョン・ジイン、ソン・ヨンファ、脚本:チョン・ヘリ)は、自分が選択した人生を守ろうとする女官と、愛より国を優先する帝王の切ない宮中ロマンスだ。絶大な人気を博しているカン・ミカン作家の同名の小説を原作とし、除隊後より成熟した魅力を誇るジュノ(イ・サン役)と、時代劇の女神イ・セヨン(ソン・ドクイム役)が、朝鮮王朝の中で世紀の恋人と呼ばれる正祖イ・サンと宜嬪成氏として出会って、今年下半期の時代劇ブームを巻き起こすものと期待を集めている。

このような中、「袖先赤いクットン」がスペシャルカップルポスターを電撃公開した。「瞬間は永遠になった」というキャッチコピーのように、世紀の愛で後代に記憶される正祖イ・サン&宜嬪成氏のきらびやかなひとときを収めたポスターが、本放送に対する期待を高めている。

公開されたポスターの中でジュノとイ・セヨンは、“帝王と女官”という宮殿の中の身分を離れて、宮殿の外で甘い時間を満喫している。2人は、草木生い茂る森の道に座って、2人だけの時間を過ごしているが、頭を寄せて1つの本を一緒に見ている姿が恋人そのものだ。また、幸せに浸っている2人の笑顔が、見る人までドキドキさせる。

一方で、ジュノ&イ・セヨンの仲睦まじい雰囲気は、ときめきと同時に切ない雰囲気を届ける。まもなく、宮殿に戻らなければならない運命の2人であるだけに、きらびやかな瞬間が刹那の夢のように思える。これに対して、真昼の甘い夢のように美しくも切ないロマンスで視聴者を魅了する「袖先赤いクットン」に期待が高まっている。

また、ジュノとイ・セヨンが織りなすケミストリー(相手との相性)にも注目だ。ジュノの空色の普段着とイ・セヨンのピンク色のチョゴリの色、そっくりの三日月の笑顔まで、身なりから表情まで、2人は完璧な調和をなしている。初々しいながらも頼もしい青年の魅力が漂うジュノと、咲き始める桃の花のように愛らしいイ・セヨンのツーショットがさわやかだ。このようにポスターだけでも世紀のケミストリーを感じさせるジュノとイ・セヨンが、本放送を通じてどのような姿を見せるのか、注目が集まっている。「袖先赤いクットン」は韓国で11月12日午後10時に放送がスタートする。

記者 : パク・スイン