イ・ヒョンジン、ドラマ「酒飲みの都心の女たち」に出演決定…元Secret ソナらと共演

TVREPORT |

写真=ALIEN COMPANY
俳優のイ・ヒョンジンが「酒飲みの都心の女たち」に出演し、ドラマのときめき指数を高める予定だ。

今月22日に初公開されたTVINGオリジナルドラマ「酒飲みの都心の女たち」は、仕事帰りに一杯を飲むことが人生の生きがいである3人の女性の物語を描く作品だ。気持ちが揺れる30歳になりたての女性たちの人生を通じて、疲れた体と心を癒してくれるヒーリングドラマで、作家ミカンの「酒飲みの都心の女たち」を原作にしている。

ドラマでイ・ヒョンジンはジヨン(元Secretのソナ)のレーダーに引っかかった男“ジヨン”を演じる。不安定なジヨンを可愛がり、快く受け入れてくれるジェントルな魅力があるが、一度結婚した過去があるだけに、新しい出会いには真剣で慎重な性格の持ち主だ。

イ・ヒョンジンはそんなジヨンに変身し、お互い異なる2人が少しずつ近づき、Some(男女が付き合う前の段階)の過程をリアルに描き、ドラマの面白さを倍増させる予定だ。そのため、ジヨンを通して披露するイ・ヒョンジンの新たな魅力に、早くも関心が寄せられている。

2007年にシットコム「キムチ・チーズ・スマイル」でデビューして以降、「家門の栄光」「宝石ビビンバ」「君の背中にスマッシュ」「SKYキャッスル」「夕飯、一緒に食べませんか?」など、様々な作品に出演し、演技の幅を広げてきただけに、「酒飲みの都心の女たち」で披露する新しい熱演にも期待が集まっている。

誰もが共感できる普遍的な物語「酒飲みの都心の女たち」は、韓国で毎週金曜日の午後4時から、TVINGで単独公開されている。

記者 : ハ・スナ