放送終了「人間失格」チョン・ドヨン&リュ・ジュンヨル、思い出を胸に星座祭りへ…2人の恋の行方は

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=JTBC「人間失格」放送画面キャプチャー
チョン・ドヨンとリュ・ジュンヨルが再会し、エンディングを迎えた。

24日に韓国で放送されたJTBC土日ドラマ「人間失格」最終話で、ブジョン(チョン・ドヨン)は夫のジョンス(パク・ビョンウン)に自身の秘密を淡々と明かした。

短いデートの幸せはすぐに終わった。ガンジェ(リュ・ジュンヨル)との別れと父の死でつらい時間を過ごしていたブジョン。彼女は、初恋の相手であるギョンウン(キム・ヒョジン)への思いで苦しんでいたジョンスに「私も好きな人ができたみたい」と打ち明けた。

ブジョンは「誰にも言えなくて。友達もいないし、誰もいないじゃない。あの時は『私になぜそんなことを言うの? バカみたい』と思ったけれど、今はあなたがなぜそうしたのか分かるような気がする。本当に言いたかったんでしょう。好きなら言わないとね、好きだと」と、自身にも他に好きな人ができたと告白した。

「どうしたいんだ?」と聞くジョンスに、ブジョンは「今はただ好きだと言いたい」と話した。「その人には言った?」と質問されると「あなたも相手には言ってないでしょう? だから私に言ったじゃない。『その人には言えない。言ったら壊れてしまう』って。2人では解決できないから」と淡々と述べた。

傷を隠して、ジョンスは「僕は君を愛してる。君には全部あげられる。僕の目も、心臓もあげられる」と打ち明けたが、ブジョンはより冷静に自分たちの関係を見つめ直した。「私もそうよ、私たちはお互いの犠牲にはなれるけれど、もう好きにはなれないの」と言い、戻ることができなくなった関係に触れた。結局、ジョンスはトイレで密かに涙を流した。

時間が経ち、ガンジェとブジョンは日常に戻っていた。ブジョンは翻訳の仕事を再開し、安定しつつあった。ガンジェもミンジョン(Apinkのソン・ナウン)やタクイ(ユ・スビン)との友情を続け、日常を過ごしていた。ミンジョンはタクイに「お給料をもらったら、一緒に使ってもいいですか?」という言葉で告白し、タクイをときめかせた。2人はお互いへの気持ちを確認し、甘い関係を続けた。

ガンジェは星座祭りのPRのメッセージを受け取り、ブジョンと天文台に行った思い出を振り返った。ブジョンもバス停でお祭りの告知を見て、ガンジェと一緒だった時間を振り返った。

結局、運命は2人を再会に導いた。ガンジェはお祭りの会場で椅子に座っていた。その後、通路を挟んで向かい側に座っている見慣れた格好の女性を見つけた。それはブジョンだった。彼女も同じ思いでガンジェを見つめた。偶然のように再会した2人は、お互いを見つめてかすかな笑みを浮かべた。恋を諦めるしかなかった2人のときめく再会がエンディングを飾った。

記者 : ハ・スナ