「人間失格」Apink ソン・ナウン、ユ・スビンに家庭の事情を告白…二人の関係に変化も?

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=JTBC「人間失格」 放送画面キャプチャー
Apinkのソン・ナウンがユ・スビンに家庭の事情を告白した。

韓国で10月23日に放送されたJTBC土日ドラマ「人間失格」(演出:ホ・ジンホ、パク・ホンス、脚本:キム・ジヘ)第15話では、ミンジョン(ソン・ナウン)がタクイ(ユ・スビン)に家族の事情を打ち明けた。

ミンジョンはタクイとの電話で祖母の話をした。タクイが「おばあさんと住んでたんですか?」と質問すると、ミンジョンは「イ・ガンジェ(リュ・ジュンヨル)が私の話は一切しなかったかな? 母も父も色々あって、おばあさんと住んでた。練習生になってからは合宿所に住んだ」と答えた。

ミンジョンは「9年前に本当にデビュー間近だったことがある。その時はほぼデビューは確定していた。その激変の時期に二人は離婚してそれぞれ再婚して移民した。父は弟だけを連れて行った」と両親について打ち明けた。

タクイはミンジョンの家庭の事情に言葉を失った。ミンジョンは「私、月曜にウェブドラマのオーディションがある。アイドル事務所の代表の恋人役。最近はアイドルの話が多い。何を着ていくか、見てくれる? 何が一番可愛いか」とタクイに頼んだ。タクイは「僕がですか?」と喜んだ。

ミンジョンはガンジェの話ばかりしていたタクイに自分の話をし、洋服を選んでもらうなど心を開いた。二人の関係の変化が関心を集めた。

記者 : ユ・ギョンサン