今夜ついに最終回!「Girls Planet 999:少女祭典」日本人から現役アイドルまで…デビュー候補の18人の魅力に注目

Newsen |

写真=Ment
「Girls Planet 999」を通じてデビューする9人の少女は、誰になるだろうか。

グローバルK-POPガールズグループを目指す99人の少女たちの挑戦を収めたMnet「Girls Planet 999:少女祭典」(以下、「Girls Planet 999」)が本日(22日)の午後8時、最後の生放送だけを控えている。ファイナルオーディションを控えて、最後のステージに上がる18人の少女たちの個性溢れる魅力をまとめてみた。


◆キリングパートは私のもの! シェン・シャオティン

今までの生存発表式で、2回連続でTOP9 1位を獲得したシェン・シャオティン。「How You Like That」と「Snake」のステージで、キリングパート(歌で人の心を掴む部分)を完璧に歌いこなした彼女は、目を引くビジュアル、何でも一生懸命に頑張る姿勢や実力で愛されている。


◆リアル万能キャラ、キム・ダヨン

凄まじい勢いで順位を上げ、先週TOP9 2位を獲得したキム・ダヨンは、ボーカルやダンスまで全分野を完璧にこなすのはもちろん、2回目のミッションで「Ice Cream」チームのリーダーを務めて、チームメンバーの団結と全員を際立たせる構成を披露し、卓越したリーダーシップまで見せている。


◆百点満点のパフォーマンス妖精、坂本舞白

現在、Jグループ1位に躍り出た坂本舞白は、静かなカリスマリーダーの姿を見せている。チームを優先するリーダーの姿だけでなく、ミッションごとにベネフィットを獲得するほど、安定した実力を見せている必勝のパフォーマンス妖精だ。


◆努力型のステージ天才、江崎ひかる

江崎ひかるは、ミッションごとに曲に完璧に入り込んで自身の能力を200%発揮している。自分だけのポイントを生かすジェスチャーを披露して、ステージでカリスマ性をアピールするが、ステージを降りると18歳という年齢にふさわしい子供のような姿で、ギャップのある魅力をアピールしている。


◆ベイビーフェイスの最年長、チェ・ユジン

初登場から最高視聴率のシーンの主人公となり、全世界のファンの注目を集めたチェ・ユジン。安定したボーカルとダンスの実力で、ミッションごとに優れた活躍を見せている彼女は、妹たちを引っ張る最年長らしい姿から、末っ子のような可愛い姿まで、さまざまな魅力をアピールしている。


◆ヒーリングスマイル、川口ゆりな

BoAからTWICEまで、幼少時代からK-POPのファンだったという川口ゆりなは、清らかで爽やかな歌声、穏やかな笑顔と共に、ミッションを重ねるたびに凄まじい成長を見せている。見る人まで幸せにする笑顔で、世界中のファンから支持を集めている。


◆清らかな歌声、野中紗奈

回を重ねるにつれて向上する実力だけでなく、一風変わったキュートな魅力をアピールしている野中紗奈。透き通った歌声と、他の参加者たちを慰める温かい心で、視聴者にも癒やしを届けている。


◆可愛いくて強いお姉さん、フー・ヤーニン

初登場からステージを圧倒するカリスマ性を見せたフー・ヤーニン(符雅凝)は、普段はステージ上での姿とは違う心優しくて可愛い雰囲気をまとい、ギャップのある魅力をアピールしている。強いお姉さんの雰囲気で近づきがたいと思われがちだが、年下の参加者にも自分の弱みをさらけ出すギャップを持つ彼女の跳躍に、期待が高まる。


◆パフォーマンス職人、ソ・ヨンウン

ソ・ヨンウンは、毎回競争と生存の分かれ道に立っている少女たちの間で、ハツラツとしたエネルギーの源を担っている。探索戦の「HERO」のステージで強い印象を残した後、着実に自身の役割を果たしてパフォーマンス職人に生まれ変わっている彼女は、グローバルガールズグループのメンバーとしてデビューすることができるのだろうか。


◆ガールクラッシュ(女性から見てもカッコいい女性)、スー・ルイチー

スー・ルイチー(苏芮琪)は、パワフルなダンスの実力と歌唱力で、すでに完成した実力を備えている。また、ステージ上の強烈なイメージとは違ってキュートなイメージまで兼ね備えて、世界のファンの心を掴み、上位圏をキープしてきた彼女が、デビュー組に入ることができるか注目が集まっている。


◆音色の妖精、キム・チェヒョン

キム・チェヒョンは、音色の妖精らしいきれいな歌声と可愛いルックスで視線を釘付けにしてきた。ミッションを重ねるにつれて、印象的なボーカル実力とパフォーマンスで注目を集めている彼女が、ファイナルステージでプラネットガーディアン(Girls Planet 999のファン)の応援を受けてデビュー組に入ることができるのか期待が集まっている。


◆生まれながらのアイドル、カン・イェソ

ステージを圧倒する表現力と感情の演技で“イントロ職人”という評価を受けているカン・イェソ。「Fate」のステージでキリングパートを務め、切ない感情表現を見せた彼女は、“すでにデビュー準備できたアイドル”という評価を受けている。


◆愛らしい子犬のような少女、ヒュニン・バヒエ

茶目っ気溢れる明るい魅力のヒュニン・バヒエは、「Girls Planet 999」のビタミンのような存在だ。魅力満点のえくぼを持つ彼女は、各ミッションごとにポジティブなエネルギーを届け、世界中のファンを魅了している。


◆情熱少女、ウェン・ヂャ(文哲)

プラネットパスで生き残った後、ファイナルステージまで相次いで順位を上げてきたウェン・ヂャ。大変な挑戦を続けてきただけに、全てのミッションで最善を尽くして練習に取り組み、集中力が落ちているチームメンバーたちに「私は家に帰りたくない」と忠告するなど、誰よりも切実な姿で感動を与えた。


◆実力が認められたボーカル、キム・ボラ

伸びのある歌唱力で“実力が認められたボーカル”という評価を受けているキム・ボラ(Cherry Bullet ボラ)。ミッションの中で「Utopia」チームのリーダーを務めた彼女は、チームの中で唯一の中国人のファン・シンチャオ(黄星侨)のために中国語を学んでダンスを教えるなど、チームメンバーたちを温かく引っ張っていくリーダーとしての才能も発揮した。


◆清純派美少女、ファン・シンチャオ(黄星侨)

時には思い通りにならない状況に苦しむ様子を見せたが、特有の明るい性格で克服し、成長を見せているファン・シンチャオ。清純な見た目とは違って、茶目っ気溢れる魅力でファンの支持を受けている。


◆オールラウンダー、キム・スヨン

キム・スヨンは、ボーカルはもちろん「Girls Planet 999」内のダンスバトルで1位を獲得したダンス実力者で、オールラウンダーらしい一面を見せている。プラネットパスで生き残ったが、「UMe=LOVE」のステージでキリングパートを担当して自信を取り戻した彼女は、どのポジションも見事にこなして、実力を認められている。


◆愛嬌たっぷりの末っ子、クォン・マヤ

「Girls Planet 999」が行われている間、実力はもちろん身長もすくすく育っているクォン・マヤ。愛嬌たっぷりの末っ子の魅力を見せている彼女は、ステージの上だけは自信溢れる姿をアピールする。無限の可能性を秘めている彼女のポテンシャルに期待が集まっている。

22日、待望のファイナルステージに立つ18人の少女たち。ミッションが重なるにつれて日々成長する姿で、今すぐデビューしても遜色のないステージを見せている。果たして、誰がプラネットガーディアンたちの選択を受けて、デビュー組に入ることができるのか、注目が集まっている。

「Girls Planet 999」のデビュー組が決定するファイナル生放送ステージは、韓国で22日の午後8時に放送される。

・「Girls Planet 999:少女祭典」最後のミッション&3回目の生存者発表式…ついに来週ファイナルステージへ

・「Girls Planet 999:少女祭典」デビューメンバー発表の最終回は10月22日(金)に日韓中同時で生放送!

■番組情報
【ABEMAで国内独占無料放送】
日韓中ガールズグループオーディション「Girls Planet 999 : 少女祭典」


今なら本編#1~3が無料配信中
今すぐ見る:https://abe.ma/3lwlRPA

【最終回生放送】
10/22(金)よる8時〜 https://abe.ma/3FNlZU7

<30分で追いつける!「ガルプラって何?」>詳細
#1~4までの見どころをギュッと凝縮し30分でお届け!
ガルプラをまだ観たことがない方もこれさえ観れば追いつける!
ナレーション:丸山礼
今すぐ見る:https://abe.ma/397SoFH

番組詳細と参加者のプロフィールはこちら:https://abe.ma/2Xjygyg
公式Twitter:https://twitter.com/abema_kpopdrama
YouTube公式チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCnRQgLid_0ePEXlrSQPNHrg

記者 : キム・ミョンミ