WEi キム・ヨハン&チョ・イヒョンら出演、新ドラマ「学校2021」ポスターを公開…初々しさと情熱に満ちた姿

MYDAILY |

写真=来夢来人(レモンレイン)、King's land
KBS 2TV新水木ドラマ「学校2021」(脚本:トン・ヒソン、チョ・アラ、演出:キム・ミンテ)が団体ポスターを公開し、以前とは違う学園ドラマを予告した。

韓国で11月に初放送を控えている「学校2021」側は、若者たちの初々しさと情熱が込められた団体ポスターを公開し、視聴者たちの期待を高めている。

同作は入試競争ではなく違う道を選択した子供たち、曖昧な境界に置かれた18歳の若者たちの夢と友情、トキメキの成長過程を描いた作品だ。

本日(21日)公開されたポスターには「学校2021」のロゴを作っている生徒たちと、作品を誇らしげに紹介している木工サークルの先生チョン・ソクホ(イ・ガンフン役)の姿が収められている。みんなで力を合わせてロゴを完成させただけに、彼らが一緒に描き出す明るくて希望に満ちているが、時には現実的な物語に関心が高まる。

ヘルメットをかぶったまま定規を持っているキム・ヨハンは夢を探しているコン・ギジュン役、笑顔で図面を持っているチョ・イヒョンは夢を設計しているチン・ジウォン役、木の切れ端に座っているチュ・ヨンウは夢を探して彷徨うチョン・ヨンジュ役を、しっかりと槌打ちをしているファン・ボルムビョルは夢に対する確かな設計を持っているカン・ソヨン役を表現し、キャラクターの特徴が明確に現われており、注目を集めている。

また、笑みを浮かべながらのこぎりを引いているキム・ガンミンは楽天的なジ・ホソン役を、電気ドリルで釘を打っているソ・ヒソンは夢に堂々となりたいコ・ウンビ役と演じ、キャラクターとぴったりのシンクロ率を誇っている。6人の作品を誇らしげに説明しているチョン・ソクホは、生徒たちに本気になってしまった先生イ・カンフンの姿を見せて、生徒たちと一緒に成長する彼の話が好奇心を刺激する。

このように「学校2021」は団体ポスターだけでも興味津々なストーリーと俳優たちの特級ケミ(ケミストリー、相手との相性)を予告し、視聴者の期待を集めている。

「学校2021」は「ダリとカムジャタン」の後番組として、11月に韓国で初放送される予定だ。

記者 : チョン・ジヒョン