miss A出身スジ&チョン・ウンチェら、新ドラマ「アンナ」に出演確定…韓国で2022年に放送予定

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
miss A出身のスジとチョン・ウンチェが「アンナ」に出演する。

COUPANG PLAYの関係者は、本日(20日)午前「新シリーズ『アンナ』にスジ、チョン・ウンチェ、キム・ジュンハン、パク・イェヨンなどが出演を確定した」とし「今月15日に撮影を開始した」と公式発表した。

「アンナ」は小さな嘘がきっかけとなって、他人の人生を生きることになる女性の物語を描く。

スジは作中、小さな嘘がきっかけとなって、他人の人生を生きることになったユミ役に扮して、これまで見たことがない新しい姿を披露する。彼女は、スクリーンデビュー作「建築学概論」を通じて“国民の初恋”のブームを巻き起こし、映画「白頭山」、ドラマ「バガボンド」「スタートアップ」などスクリーンとドラマを行き来しながら、積極的に活動してきただけに期待を高めている。

ドラマ「客—ザ・ゲスト—」「ザ・キング:永遠の君主」などで、卓越した雰囲気で存在感をアピールしてきたチョン・ウンチェは、「アンナ」でヒョンジュ役に扮する。ユミと絶妙な緊張感を形成するヒョンジュは、人への配慮も悪意もなく、上位の人生を楽しむ人物だ。

ここにドラマ「賢い医師生活」で、率直で真面目な魅力で顔を知らせたキム・ジュンハンと、人気ドラマ「海街チャチャチャ」でワン作家役を務めたパク・イェヨンが合流する。キム・ジュンハンとパク・イェヨンは、それぞれ違う野望を抱えるユミの夫ジフン役、ユミが唯一に信頼する先輩のジウォン役に変身して、ドラマに豊かさを与える。

このように多彩なラインナップを完成させた「アンナ」は、映画「エターナル」を通じて演出力と作品性を認められたイ・ジュヨン監督が、演出と脚本を手掛けて完成度を高める。イ・ジュヨン監督は作品について「『アンナ』は、相対的剥奪から始めた嘘によって、自身のアイデンティティと人生の一部を失ってしまった人の物語だ」と説明した。

COUPANG PLAYのキム・ソンハン総括ディレクターは、COUPANG PLAYシリーズとして「アンナ」を選択した理由を明かした。「『アンナ』は何よりもストーリー性が豊かだった。イ・ジュヨン監督の斬新な視線と繊細な演出で描かれる、女優スジの大胆な変身が期待される。2022年、皆が注目する話題の作品になるだろうと確信している」と述べた。

主演を務めるスジは「『アンナ』に魅了されたように、シナリオを読んだ時からストーリーに入り込んでしまいました。気持ちいい緊張感で準備することができ、撮影日を待ってきました。イ・ジュヨン監督、スタッフの方々と一緒に作っていく『アンナ』に、多くの期待をお願いします」と出演の感想を伝えた。

チョン・ウンチェは「台本の強烈さに魅了されました。新しいキャラクターを披露することができそうで胸がワクワクしています。魅力的な俳優、素晴らしいスタッフの方々と共に作業することができて嬉しいです」と伝えた。

キム・ジュンハンは「台本を読んですぐ、出演したいと思いました。密度の高いストーリーと監督の視点が面白かったです。作品に参加することができて栄光に思います」と、パク・イェヨンは「良い作品、素晴らしい方々と一緒にドラマを制作することができて嬉しいです。良い結果のため最善を尽くします」と述べた。

「アンナ」は、韓国で2022年に放送される予定だ。

記者 : キム・ナラ