丸山礼×髙田健太も熱狂!「Girls Planet999」の魅力大解剖でモノマネ炸裂!?いよいよ最終メンバー発表へ

Kstyle |

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」で8月より日韓中同時、日本語字幕付きで国内独占無料放送中の新たなグローバルガールズグループデビュープロジェクト「Girls Planet 999:少女祭典」(以下、Girls Planet 999)。

10月22日(金)に日韓中同時生放送する最終回を目前に控え、スペシャル番組<30分で追いつける! 「ガルプラって何?」>でナレーションを務めた丸山礼と、自身も韓国オーディション番組に挑戦しK-POPアイドルとしてデビューした髙田健太の夢の対談が実現した。

K-POPにはまった時期が近いということもあり、この日が初対面ながらK-POPあるあるでも大盛り上がりの2人による、「Girls Planet 999」の魅力と最終回に向けての見どころ、そしてK-POPを愛してやまない2人の爆笑トークをお届けする。

 

K-POPが人生を変えた!?「初めて見た時に衝撃でした」

――ご自身のYouTubeチャンネルでも、韓国ドラマあるあるや、韓国グルメ紹介動画をアップされたり、NiziUも応援されているという丸山さんと、ファンからスタートし、K-POPアイドルになった髙田さんですが、お2人がK-POPにハマったきっかけを教えてください。

丸山:私は2010年、2011年頃から好きなんですが、中学生の時にドラマ「ドリームハイ」を偶然見て、「え! こんな面白いの!? 韓国ドラマって!」と衝撃を受けたのがきっかけです。親友と一緒に「ドリームハイ」にどハマりしていたので、みんなでドラマの中のmiss Aのスジちゃんがしていた重たいぱっつん前髪を真似してたんです。その後、友達にSUPER JUNIORさんを教えてもらって。こんなに個性豊かなメンバーが揃っていて、歌が全員めちゃくちゃ上手くて、ダンスもうまくて、面白くて。メンバー全員好きなんですが、自分が芸能人になりたいと思った時に、私は女版のヒチョルさんになりたい! と思うくらい人間として憧れて、それから10年経ちますが今でもヒチョルさんは私のロールモデルです。

髙田:僕も丸山さんと同じ2010年頃ですね。その頃ちょうど、YouTubeが普及し始めた時期だと思うんですが、僕も中学の時に少女時代さんやKARAさんやBEASTさんのMVを見て、かっこよくて衝撃を受けたのがきっかけです。色々見ていくうちに関連動画で上がってきたTEENTOPさんのMVを見た時に「あ、これだ。僕のやりたいことは。K-POPアイドルにならないと」と思ったんですよね。

丸山:ちなみに誰のファンだったんですか?

髙田:リッキーさんなんです。僕と同じ95年生まれなんですけど、同じ年齢の人がこんなに頑張ってるんだ! こんなに輝いてるんだと驚いて、勇気づけられたんですよね。それで僕もなるしかない! と。

――ファンとして実施にライブを見に行ったりもされていたんですか?

髙田:僕はもう完全にオタクになって、高校生の時に韓国までTEENTOPのサイン会に行ったりしていました。ファンとしてその時のイベントの映像とかに映り込んでたりもしていて、いまだにその映像が出回ってたりするんです(苦笑)。

丸山:すごい!! 私は中学生の頃お小遣いを一生懸命ためて、東京ドームであったSUPER SHOW(SUPER JUNIORのライブ)を見に行きました。肉眼では本当に小さくしか見えない遠い席だったんですけど、とにかく見たくて親をなんとか説得して北海道から水道橋に行ったんです。「うわぁ本当にいるんだ! 踊ってる!」と大感動して、そこで初めて他のK-POPファンの方と交流して、すごく楽しかったのも覚えてますね。それから、ずっと変わらずSUPER JUNIORさんが大好きです。

―― SUPER JUNIORがその後の丸山さんの人生を変えたところもあるんですね。

丸山:そうなんです(笑)もうずっと大好きで、憧れの存在ですね。でも実はまだ韓国に行ったことがないんです。芸人を始めた頃はお金もなかったので……で、そろそろ行けそうかなとなったらコロナになって。だから韓国に行ったことがないのに、YouTubeとかで韓国あるある動画を出していたり、おこがましいんです(苦笑)。でも、いつか韓国に行ってコンビニでカップラーメンを買って、蓋で筒を作って外で食べたいんです!

髙田:ソウルでやるのもいいですけど、海とかでやるといいですよ。セウタン(海老ラーメン)とか特におすすめです。

丸山:そういうときに出るのが「시원하다」(シウォナダ)ですよね? 韓国ドラマでめっちゃ見ます!

髙田:そうですそうです(爆笑)。


「まるでイカゲーム(笑)」韓国オーディション番組の魅力

――最近はK-POPの人気に加えて、韓国オーディション番組も人気ですよね。ご覧になったりはしますか?

丸山:私は、長い間K-POPファンですが、実は韓国のオーディション番組はほとんど見たことがなかったんですね。ですが去年Nizi ProjectをきっかけにSIXTEEN(TWICEのメンバーを決めるオーディション番組)も遡って見たりしました。今は何と言っても、先日PR番組でも参加させていただいた「Girls Planet 999」です! 本当にハマっていて、それこそ、中学生時代から一緒にK-POPファンをしている親友たちと、ちょっと今の見た! って何度も巻き戻したりしながら、毎週大騒ぎしながら見ています。もう最近毎日それしかしてないです。

――髙田さんは、ご自身が韓国オーディション番組に出演されていましたが、他のオーディション番組をみられたりもしますか?

髙田:僕も「Girls Planet 999」を見ているんですが、僕が出ていた4年前のオーディション番組は、日本人が僕1人で僕的には日本の方から注目してもらえるのでラッキー! と思ったりもしました。でも今回の「Girls Planet 999」は、日本、韓国、中国から33名ずつが参加しているので、同じ国の参加者同士でもライバルという感覚もあるのかなって思いますね。大変だと思います。

――他のオーディションにはない「Girls Planet 999」だけの魅力はどんな点だと思いますか?

丸山:言葉の壁を越えるというか、例えば、韓国人の子で日本語がわかる子が教えたりするシーンとか、すごくいいですよね。キム・ボラ(Cherry Bullet)ちゃんとか、「まなみちゃん! 天才! まなみちゃん! わかりますか?」(※そっくりのキム・ボラのモノマネを披露)ってほんと優しいですし。ライバルだけど、仲間を思いやるというか、愛を感じる場面がいいなって。あとは、パートを決めるときの、やりたいって言いたいけど言えない! みたいなもどかしい感じや、牽制し合う目線もリアルで、「うわぁ、生々しくていいね!」って思っちゃいます。そのリアルさが本当に魅力だなって思います。

髙田:僕の時もそうだったんですが、トイレとシャワールーム以外はカメラが至る所にあるんですよね。外に行ってもカメラマンさんやスタッフさんがいますし、最初は驚きましたけどすぐに気にならなくなって、なので本当にリアルだと思います。キャラを作る暇もないという感じです。

丸山:「イカゲーム」みたいじゃないですか!

髙田:ほんとそうです(笑)。

丸山:あとはマスターにガールズK-POPを世界に広めた少女時代のティファニーさんと、元Wonder Girlsのソンミさんがいて、レッスンを見てくれてステージを見守ってくれるって、本当にすごいことだと思います。私は少女時代が好きだったので、二大巨頭のお2人がいるなんて凄すぎます。

※ティファニーが「Ice Cream」のステージでキム・ダヨンを褒めたシーンと、ソンミが髪をかき上げる審査時の姿を真似する。

髙田:そんなお二人が前にいても、参加者のみなさんが堂々とステージを披露してるのもすごいなって思いました。オーディション番組が多くなったということも要因だと思うんですが、番組の最初からみんなレベルが高いですし、垢抜けているなとも思いますね。

丸山:確かにそうですよね。リアクションもいいですし。みんなメイクも上手ですし、ステージ衣装も着こなせているし。すごいと思います。


1つも見逃せないガルプラ「私のライバルになるだろうって…」

――丸山さんがもし「Girls Planet 999」に参加していたらと考えたりはしますか?

丸山:私ですか?! あ、1話でフー・ヤーニンちゃんたちがCLCの「HELICOPTER」をやる前に、CLCのメンバーでもあるチェ・ユジンちゃんを挑発するんですよね。もしかすると、ヤーニンちゃんの意思でではないかもしれないのですが、その時私がもしユジンちゃんだったら、ヘリコプターの音マネをして、それを吹き飛ばすようなジェスチャー(※実際にやって見せる)をしようかなとは考えました(笑)。

――「Girls Planet 999」では、さまざまなステージが披露されていますが、お気に入りのステージはありますか?

丸山:うわぁ。ほんと1つも見逃せないくらい全部良かったんですよね。

髙田:本当に全体的にクオリティが高かったです。

丸山:強いてあげるのならば10話の「Snake」の最初の緑のスモークとライトの演出がもう! すごくて! お金かかってる!(笑)クオリティ高い! って思いました。あとは7話の「My Sea(原曲:IU)」のステージのシェイ・ズーインちゃんの声も大好きですし、それぞれパートが他の子に移る時に心のバトンを渡すような感じがめちゃくちゃ良くて、泣きそうになりました。野仲紗奈ちゃんがリハーサルでは出なかった高音が! 足の屈伸を利用して「ナエゲ(私へ)」(※野仲紗奈のモノマネしながら)を上手く出せることに気づいたのが! 感動!

――ちなみに、これは酷な選択だと思うのですが、今1番気になる子を選ぶとしたら誰でしょうか?

丸山:えー!! 決められないです。以前ナレーションをしたPR番組で話したファン・シンチャオちゃんの歌声も変わらず好きなんですが、シェン・シャオティンちゃんの最強っぷりもすごいですし。ソ・ヨンウンちゃんは歌も上手いし、ダンスも上手いですし。「U+Me=LOVE」は、他の曲から移動してきたメンバーもいたのに、とても雰囲気が良くて、あの曲のキム・スヨンちゃんもすごく上手でしたし。ウェン・ヂャちゃんのまっすぐでいつも正しい方向に導こうとする感じも大好きですね。しかもMCもできるしバラエティー能力もありますし。

髙田:さすが見方が違いますね!

丸山:デビューした後に誰が私のライバルになるだろうって勝手に考えてるんですけど、ウェン・ヂャちゃんは華もあるし面白いし強敵だなって思います(笑)。年末の歌謡祭でイトゥクさんの隣に並んでも、絶対大丈夫そうだなとも思います! もし、日本でファンミーティングをした時にMCをさせてもらえたら、誰と一緒に話せたら盛り上がるかなとも考えますし。関係者の皆様! 私本当にMCやりたいです!(笑)

――デビュー後のMCやバラエティー出演まで視野に入れて見ているんですね。

丸山:あ! カン・イェソちゃんも存在感があって安定しているし、キム・ダヨンちゃん、江崎ひかるちゃんは、事前ランキング1位なのが納得してしまう感じですし。ヒュニン・バヒエちゃんのビジュアルも個人的に好きですし。嘉味元琴音ちゃんのラップも私の周りで評判高いですし。もう決められないです!!

髙田:本当にレベルが高くて選べないんですが、僕もステージに立つので、シェン・シャオティンのスター性と、坂本舞白ちゃんのどんなコンセプトでも自分のものにしてしまう、曲の理解度の高さはすごいなと思いました。安心感がありますね。さすがJYP練習生として頑張ってきただけあるなと思います。
 

いよいよ最終回「日本では、MCをやらせてほしい!!」

――そんな「Girls Planet 999」がいよいよ最終回を迎えます。

丸山:本当に、全員デビューさせてあげて! って思っちゃいます。もうずっと見守っていたので愛情がわいてしまって。すでに脱落した子たちは、SNSを始めたりしていますが、99人全員の今後が気になって気になって。

髙田:わかります。今回の「Girls Planet 999」では、脱落した子達が最終回前からSNSができているのはとても良いなと思いますね。「Girls Planet 999」に参加したことをきっかけに新しい道をみんなが切り拓いていけている気がしますし、ぜひみんな応援してあげて欲しいなと思います。

――「Girls Planet 999」からデビューする新たなグループに期待することはありますか?

丸山:まずは、今まで番組で色々な感情を共有してくれて、色々な過程を見せてくれて、本当に感謝を伝えたいです。BTS(防弾少年団)のように良い意味で世界を変えるようなグループになって欲しいですし、ポジティブなパワーを世界中に伝えて欲しいです。そして、日本でのファンミーティングでは、MCをやらせてください!

――では、もしまだ「Girls Planet 999」を見ていない方におすすめの視聴方法を教えるとしたらどうでしょう?

丸山:まずは私がナレーションをしたPR番組を見ていただいて。そして、推しメンを見つけてください。パフォーマンスステージの動画は全部見ないとダメです!

髙田:最終回をリアルタイムで見られる方はぜひ生放送の緊張感も味わって欲しいですね。「Girls Planet 999」からK-POPのファンになる方もいると思うので、K-POPの沼にぜひハマってください!

――こんなにもお二人を魅了するK-POPの魅力とはなんだと思いますか?

丸山:K-POPに限らず韓国のエンタメは圧倒的にハイクオリティだと思います。クリエイターの方達のクリエイト能力もすごいですし、アーティストや俳優さんも信じられないほど努力もしていると思いますし、今、エンタメの最先端が韓国なのかなと思いますね。

髙田:K-POPは世界中の方が見てくださる環境がありますし、ファンの方の熱量もすごいなと思います。僕もK-POPに勇気もらって人生が変わったように、国や言葉や人種を超えて、誰かの人生を変えるパワーがあるのかなと思います。

取材:平松道子 / 撮影:前手秀紀

■番組情報
【ABEMAで国内独占無料放送】
日韓中ガールズグループオーディション「Girls Planet 999 : 少女祭典」


今なら本編#1~3が無料配信中
今すぐ見る:https://abe.ma/3lwlRPA

【最終回生放送】
10/22(金)よる8時〜 https://abe.ma/3FNlZU7

<30分で追いつける!「ガルプラって何?」>詳細
#1~4までの見どころをギュッと凝縮し30分でお届け!
ガルプラをまだ観たことがない方もこれさえ観れば追いつける!
ナレーション:丸山礼
今すぐ見る:https://abe.ma/397SoFH

番組詳細と参加者のプロフィールはこちら:https://abe.ma/2Xjygyg
公式Twitter:https://twitter.com/abema_kpopdrama
YouTube公式チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCnRQgLid_0ePEXlrSQPNHrg

記者 : Kstyle編集部