「人間失格」リュ・ジュンヨル、チョン・ドヨンへの恋しい気持ちをあらわに

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=JTBC「人間失格」放送画面キャプチャー
リュ・ジュンヨルとチョン・ドヨンがハラハラの再会を予告した。

16日に韓国で放送されたJTBC土日ドラマ「人間失格」第13話で、ガンジェ(リュ・ジュンヨル)はブジョン(チョン・ドヨン)を懐かしんだ。

ガンジェはブジョンと別れて一人、父親の散骨をした海に到着し、ブジョンとの最後の会話を思い出した。彼はブジョンと別れて、スマートフォンに登録されていた彼女の名前を彼女の希望通り“イ・ブジョンさん”に修正した。

続いてガンジェは、ブジョンと一緒に見た夜空の星の写真を送信しながら「イ・ブジョンさん、銀河が届いたので送信します。イ・ガンジェより」と書いて気持ちを伝えた。ブジョンは一緒に働く人から写真について聞かれると「友達が送ってきた写真」と話し、ガンジェに対する気持ちをあらわにした。

この日の放送の終盤には、ブジョンがジナ(イ・セナ)の病室でアラン(パク・ジヨン)と鉢合わせ、危機を迎えた。続いて予告編でジョンフン(リュ・ジフン)はガンジェに「君の写真を渡した。チョン・アランに」と話した。ジョンフンが述べた写真は、ガンジェとブジョンがホテルに別々に入って、別々に出てくる写真だった。

さらにガンジェがブジョンに「会いたかった。イ・ブジョンさん」と抱きしめ、より近づく姿が描かれ、緊張感を高めた。ガンジェがブジョンを心配する気持ちが、二人をさらなる危機に陥れるのか、関心が集まっている。

記者 : ユ・ギョンサン