I.O.I出身キム・チョンハ、ドラマ「One the Woman」OSTを本日リリース

OSEN |

写真=SBS
I.O.I出身のキム・チョンハが参加した「One the Woman」のOST(挿入歌)が本日(15日)公開される。

サンウルリムの「ギターでオートバイに乗ろう」をドラマ「One the Woman」で再解釈してユニークさを増したSoulmanと、叙情的なボーカルのBrown Eyed Soulのジョンヨプに続き、名実ともに“ソロクイーン”のキム・チョンハが「Someday」で「One the Woman」OSTの3人目の歌唱者として参加した。

「Someday」の予告映像は、すでにキム・チョンハの公式SNSとSBS公式YouTubeチャンネルを通じて公開されており、ドラマの視聴者たちとファンの期待を高めている。

同曲はアコースティックギターと彼女の繊細ながらも淡々と描いたボーカルが印象的なバラード曲で、堂々として元気に見えるが、劇中のキャラクターの記憶の彼方にある辛い記憶を慰めてかばう温かい楽曲だ。

記者 : チャン・ウヨン