ソン・ユナ&イ・ソンジェ&チョン・ソミン&2PM チャンソン、新ドラマ「ショーウィンドー:女王の家」キャラクターポスターを公開

MYDAILY |

写真=チャンネルA
総合編成チャンネル・チャンネルA新月火ドラマ「ショーウィンドー:女王の家」(脚本:ハン・ボギョン、パク・ヘヨン、演出:カン・ソル、パク・デヒ)のキャラクターポスターが公開された。

韓国で11月に放送がスタートする「ショーウィンドー:女王の家」は、夫の内縁の女性であることを知らずに、不倫を応援した一人の女性の物語を描くミステリー痴情メロドラマだ。大胆なストーリーと斬新なキャスティングで人々の関心と期待を集めている。

このような状況で昨日(14日)、「ショーウィンドー:女王の家」が劇を引っ張っていく主役4人のソン・ユナ(ハン・ソンジュ役)、イ・ソンジェ(シン・ミョンソプ役)、チョン・ソミン(ユン・ミナ役)、2PMのチャンソン(ハン・ジョンウォン役)のキャラクターポスターを公開した。ポスターに込められたキャラクターの性格とストーリーが関心を高めている。

まず、ソン・ユナは圧倒的なオーラで完璧な家庭を作った、女王のハン・ソンジュ役に扮する。ポスターの中の彼女の冷たい眼差しがハン・ソンジュの人生に訪れる雲行き怪しい展開を予告し、誰が女王を怒らせるのか好奇心を刺激する。ここに加えられた「だったら彼をあなたにあげるわ」というフレーズは、破滅の種となる彼女のセリフだ。この一言が巻き起こすストーリーに関心が集まっている。

続いて完璧な女王ハン・ソンジュに相応しい、完璧な夫のシン・ミョンソプに変身したイ・ソンジェが目を引く。作中、シン・ミョンソプは安定した家庭と刺激的な愛、2つとも手に入れようとする人物だ。「僕らが気をつけば心配ないよ」というフレーズは、この2つを手に入れているという自信を示している。またイ・ソンジェは深い眼差しでシン・ミョンソプの苦悩を表現、彼が描いていく激しい心理戦を期待させる。

チョン・ソミンは挑発的な眼差しで、強烈なインパクトを与える。欲しいものはなんでも手に入れるユン・ミラの性格が、そのまま感じられる。また「あの、なぜ私にこんなに優しいんですか?」という生意気な質問は、シン・ミョンソプと内縁関係でありながら、同時にハン・ソンジュと友人関係になったユン・ミラの性格を盛り込んでいる。果たしてユン・ミラがこの夫婦とどのように縁したのか、これによってどのようなことが起こるのか、好奇心を刺激する。

ハン・ソンジュの弟ハン・ジョンウォン役を演じる、2PMのチャンソンの存在感も目を引く。彼の大きな目から感じられる悲しみが、視聴者の注目を集める。「一人が気をつけていても、傷を受けないわけではない」というフレーズは、ハン・ジョンウォンが持っている傷を表す。これはハン・ソンジュの弟として、完璧な人生を生きてきたように思われる彼に、事情があるということを暗示して、人々の関心を倍増させる。またポスターから感じられる柔らかい雰囲気が、ハン・ジョンウォンが人知れぬ痛みを持っているにも関わらず、温かい心を持っている人物であることを示している。

このように「ショーウィンドー:女王の家」はキャラクターポスターだけでも、ドラマが視聴者に与える衝撃を予告する。何よりも特別な装置や道具なしに、表情と眼差しだけでキャラクターを完璧に表現した俳優の熱演が本放送への期待を高めている。これと関連して「ショーウィンドー:女王の家」制作陣は「ソン・ユナ、イ・ソンジェ、チョン・ソミン、チャンソンはすごい没入度でキャラクターと100%のシンクロ率を見せ、みなを感心させた。ポスターの撮影現場から輝いた彼らの優れた演技が作中、どう具現化するのか楽しみにしていただきたい」と関心を呼び掛けた。

「ショーウィンドー:女王の家」は、韓国で11月から放送を開始する。

記者 : チョン・ジヒョン