ASTRO ラキ、ウェブドラマ「青春香伝」に出演決定…初めて演技に挑戦

OSEN |

写真=Fantagio
ASTROのラキが、本格的な演技活動を始め、万能エンターテイナーとして第一歩を踏み出す。

所属事務所Fantagioは14日「ASTROのラキが、ウェブドラマ『青春香伝』にキャスティングされた。俳優として新しい変身を控えて、さまざまな姿を披露するために一生懸命に準備したので、たくさんの声援をお願いしたい」と伝えた。

「青春香伝」は、古典文学「春香伝」に、2021年を生きる若者たちの悩みを加えた青春ロマンスドラマだ。恋愛より学資金の融資が必要で、不透明な未来について心配する20代の悩みやラブストーリーを描く。特に「青春香伝」は、視聴者が直接ストーリーを選択するインタラクティブ・マルチエンディングドラマで制作されるため、視聴者がさまざまなストーリーを作って、さまざまな結末を見ることができる楽しさを届ける予定だ。

劇中でラキは、できないことはない現代版“イ・モンリョン”役を務める。勉強もできて、あらゆる面で完璧な少女漫画の主人公のように見えるが、いざ好きな人の前になると温かい言葉1つさえかけられず慌てふためいてしまう、ギャップのある魅力の持ち主だ。一度好きになれば、長い間忘れられない純情派で、学生時代に叶えられなかった初恋のために、もう一度勇気を出して自分の気持ちを表現する姿を披露する。

ラキは、2016年にASTROのメンバーとしてデビューし、さまざまなコンセプトのアルバムをリリースして、ラップとダンスを通じて多くのファンから支持を集めている。また、普段からさまざまなアーティストのカバー曲をYouTubeにアップロードして、ボーカリストとしての可能性を証明したのはもちろん、直接振り付けを制作するコンテンツまで披露し、多方面で活躍している。普段から万能エンターテイナーになりたいと言ってきただけに、彼の今回の挑戦は、世界中のファンの期待を高めている。

ウェブドラマ「青春香伝」は、11月に公開される予定だ。

・ASTROの韓国語講座!新曲「After Midnight」のフレーズで覚えよう~ラキ編~

・ASTRO ラキ、東京五輪のテコンドーに格別な思い?「僕は慶尚南道代表だったので…」

記者 : イ・スンフン