WEi キム・ヨハン、新ドラマ「学校2021」スチールカットを公開…初々しい姿に高まる期待

Newsen |

写真=KBS 2TV「学校2021」
WEiのキム・ヨハンが、「学校2021」できらびやかな成長物語を描く。

11月に韓国で放送がスタートするKBS 2TV新水木ドラマ「学校2021」(脚本:トン・ヒソン、チョ・アラ、演出:キム・ミンテ)の制作陣が、初々しいキム・ヨハンのスチールカットを公開した。

「学校2021」は、入試競争ではなく違う道を選択した子供たち、曖昧な境界に置かれた18歳の若者たちの夢と友情、トキメキの成長過程を描いた作品だ。

キム・ヨハンは、劇中で負傷のため11年間目指してきた夢を失ってしまった後、悩み彷徨うコン・ギジュン役を務めた。コン・ギジュンはテコンドーをやめ、木工サークルの活動など本格的に学校生活を送りながら、新しい日常に適応しようと努力する人物だ。彼は初恋だったチン・ジウォン(チョ・イヒョン)、秘密の過去を共有しているチョン・ヨンジュ(チュ・ヨンウ)と絡み合いながら変化していく過程を見せるという。

本日(14日)公開された写真の中でキム・ヨハンは、ギャップのある魅力をアピールした。制服を身にまとって、ハンサムなビジュアルを見せる彼は、初々しい青春を感じさせる。穏やかな笑顔を浮かべながら手を振っている彼の姿は、人々の胸をときめかせた。

一方で明るいことばかりではない青春を過ごす、キム・ヨハンの姿が目を引く。家庭の事情のため、アルバイトをしている彼の顔には、不安が漂っており、厳しい現実の壁に直面する若者たちをリアルに表現する。果たしてキム・ヨハンが描くリアルな10代の姿とはどのようなものか、期待が高まっている。

記者 : パク・スイン