ユン・ゲサン、新ドラマ「クライムパズル」スチールカットを公開…坊主頭&強い眼差しに注目

OSEN |

写真=KTスタジオジニ―、スタジオ329
「クライムパズル」のユン・ゲサンが怪物のような変身ぶりで人生のキャラクターを披露する。

韓国で29日(金)に放送がスタートするOlleh TV&seeznオリジナルドラマ「クライムパズル」が本日(14日)、殺人を自白して自ら刑務所に入ったた犯罪心理学者のハン・スンミンを演じるユン・ゲサンのキャラクタースチールカットを公開した。冷たいポーカーフェイスの裏に隠された猛烈な執念が、彼の秘密への好奇心を刺激する。

同作は、殺人を自白した犯罪心理学者のハン・スンミン(ユン・ゲサン)と、彼の元恋人で担当捜査官として事件を追う刑事のユヒ(コ・アソン)の真実追撃スリラーだ。自ら刑務所に入ったハン・スンミンの死闘とミステリアスな殺人事件を追うユヒの追撃、がんじがらめのストーリーがサスペンスを最大化する。

ドラマ「ザ・プロファイラー~見た通りに話せ~」で、繊細な演出で好評を得たキム・サンフン監督と映画「代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン」などで、重みある叙事を見せてきた脚本家のチェ・ジョンギルがタッグを組み、完成度を高めた。何より名俳優のユン・ゲサンとコ・アソンが完成させる真実追撃スリラーに関心が高まっている。

この日公開された写真でユン・ゲサンは、ハン・スンミンの多層的な面を立体的に表現し、目を引く。犯罪心理学者として名を馳せ、完璧な人生を生きてきたハン・スンミン。事件の現場を見る彼の目は鋭く、冷徹で知的なカリスマ性は、彼の天才的な一面をうかがわせる。しかし、皆から尊敬されていた彼の人生は完全に変わってしまう。

刑務所にいる彼の姿が写った次の写真は、彼に起きた激変を暗示する。目的を持って刑務所入りした彼は、残酷で凄絶な死闘を繰り広げる。自身を囲んで攻撃してくる囚人たちに立ち向かう、恐ろしいほどのオーラから、彼の隠された動物的本能を垣間見ることができる。何よりも冷ややかな眼差しの中で沸き立つ執念が何に向けたものなのか、好奇心をくすぐる。

冷笑的な顔の裏に、荒く熱い面を隠したハン・スンミン。順調な道を歩んでいた彼がなぜ犯罪を設計し、自ら牢獄に身を投げたのだろうか、凄絶な死闘の向こうには何が待っているのか。特に、刑務所で繰り広げられる激しい頭脳戦から生き残るための肉弾戦まで、ユン・ゲサンの変身にも期待が高まっている。

台本とキャラクターに惹かれて作品を選んだというユン・ゲサンは「台本の構成が面白かったです。ハン・スンミンというキャラクターは、俳優なら誰でも演じてみたいと思う、様々な魅力を持った人物です」と明かした。続けて「ハン・スンミンはスタートと同時に、多くのことを見せなければならないキャラクターです。殺人を自白するまでの覚悟と気持ちをより直観的に表現するため、たくさん悩みました」と伝えた。

続けて「その悩みの結果が坊主頭です。ビジュアル・ショックを心配する周りの人々が引き止めてくれましたが、それでも必ずやりたいと思いました。不便な点もありましたが、それでも作品のために頑張れたと思います」と付け加え、より一層期待を高めた。

全10話で構成されたOlleh TV&seeznオリジナルドラマ「クライムパズル」は、毎週金曜日に2回ずつ放送される。29日にOlleh TVとseeznを通じて第1話と2話が公開され、11月1日から毎週月火曜日の午後10時30分にSKYチャンネルでも放送される。

記者 : パク・パンソク