ソル・ギョング&EXO ディオら出演、映画「The Moon」4ヶ月間にわたる撮影を終えてクランクアップ…俳優たちが感想を語る

MYDAILY |

写真=CJ E&M
キム・ヨンファ監督の次期作「The Moon」(仮題)が4ヶ月間にわたる撮影を終え、今月12日にクランクアップした。

宇宙に1人残された男と必死に彼を救おうとする地球のもう一人の男が贈る、感動の大作「The Moon」が4ヶ月間の旅路を終えた。

同作は、観客動員数2000万人を記録した「神と共に」シリーズのキム・ヨンファ監督、ソル・ギョング、EXOのディオ、キム・ヒエの演技派俳優たちの共演で話題を集めている作品だ。また、パク・ビョンウン、チョ・ハンチョル、チェ・ビョンモ、ホン・スンヒなど最高のシーンスティラー俳優たちが合流し、さらに期待を集めている。「神と共に」シリーズで見たことのない7つの地獄と感動ストーリーでシンドロームを巻き起こしたキム・ヨンファ監督が、韓国初の月探査を素材にどんなビジュアルとストーリーを披露するのか注目が集まっている。6月6日に撮影を開始し、4ヶ月間の撮影を無事に終えた。

クランクアップと共に4ヶ月間、月探査に出ていた俳優たちの撮影の感想を伝えた。宇宙に1人残された“ソヌ”を救うために、孤軍奮闘する元宇宙センターのセンター長“ジェグク”に扮したソル・ギョングは「監督とスタッフの皆さんがとても苦労しました。映画がどうように出来上がるのかとても楽しみです。完全版が出るまで期待しながら待っています」と期待感を表した。宇宙から孤立し、多くの危機を経験する宇宙隊員“ソヌ”に扮したディオは「素晴らしいスタッフの方々と一緒に作業できたこと自体がとても光栄であり、感謝しています。最高の現場でした」と感想を語った。NASA宇宙ステーションの総括ディレクターであり事件の重要なカギを握る“ムニョン”に扮したキム・ヒエは「韓国でもこのような映画が出るんだなと思うほど、観客の期待を裏切らないもう1つのスペクタクルな作品になるのではないかと思います」と自信を示して期待を高めた。

宇宙への新たな挑戦を挑むキム・ヨンファ監督は「撮影している間は、デビューした当時のように楽しくて興奮していたので、時間が経つのも忘れていました」という感想とともに、「素晴らしい俳優たちや最高のスタッフが協力していたので、大した困難はありませんでした。思ったとおりすべて実現できた映画です」と4ヶ月ともに苦労した俳優やスタッフに感謝の気持ちを伝えた。

記者 : クァク・ミョンドン