ハン・ソヒ&パク・ヒスン&アン・ボヒョン出演、Netflix新シリーズ「マイネーム」キャラクターポスターを公開

MYDAILY |

写真=Netflix
「マイネーム:偽りと復讐」が、強烈なビジュアルのキャラクターポスターを公開した。

父親を殺した犯人を探すために組織に入ったジウ(ハン・ソヒ)が、新しい名前で警察に潜入した後に直面する冷酷な真実と復讐を描くNetflixシリーズ「マイネーム:偽りと復讐」が、ハン・ソヒ、パク・ヒスン、アン・ボヒョンのカリスマ性溢れるキャラクターポスターを公開し、注目を集めている。

今回公開されたキャラクターポスターは、傷だらけの顔で強烈なアクションを披露する人物たちの決定的な瞬間を収めており、「マイネーム:偽りと復讐」で彼らが披露するアクション演技への期待を高めた。

目の前で父親の死を目撃し、父が所属していた組織に組織員として入って復讐を夢見るジウは、獣たちの世界で生き残るために絶えず自分を鍛える。ムジン(パク・ヒスン)の提案で自身の名前を捨て、“オ・ヘジン”という新しい名前で警察に潜入したジウ。父を殺したた犯人を探すために自ら危険の中に飛び込んでいく彼女は、冷酷な真実と立ち向かい、ひたすら復讐のために突き進む。

ジウを組織員として受け入れて、アンダーカバーとして警察に潜入させたトンチョン派のボスであるムジンは、しつこく自身を追いかけてくる警察とトンチョン派を狙う脅威から、組織とジウを守るために奮闘する。クールなカリスマ性で組織を引っ張っていくムジンの姿は、回を重ねるごとに深い没入感を与える。

警察に潜入したジウとパートナーになったピルド(アン・ボヒョン)は、ずっと追い続けてきた捜査を台無しにしたジウが気に入らないが、骨身を惜しまず、現場に飛び込む彼女と徐々に息を合わせて捜査に臨むことになる。麻薬捜査隊のエースとして、高い能力と徹底的な原則主義者である彼は、自分の信念と原則に従って捜査を進めていく。

ドラマの後半になればなるほど、より強烈な存在感を発揮するピルドは、視聴者を魅了すると期待されている。組織のボスとアンダーカバー刑事、そして警察まで。ハン・ソヒ、アン・ボヒョン、キム・サンホが披露する演技のアンサンブルとケミ(ケミストリー、相手との相性)は「マイネーム:偽りと復讐」の魅力をより一層高め、ドラマへの期待をさらに高める。

Netflix「人間授業」を手掛けたキム・ジンミン監督が披露する、新しいアクション・ノワールジャンルの魅力と、密度の高い重いストーリーのドラマ、そしてハン・ソヒ、パク・ヒスン、アン・ボヒョン、キム・サンホ、イ・ハクジュ、チャン・リュルの安定した演技のアンサンブルが期待されている。「マイネーム:偽りと復讐」は10月15日、Netflixを通じて世界190ヶ国に配信される予定だ。

記者 : ヤン・ユジン