NCT DREAM、PENTAGON、ATEEZら豪華42組が出演!「MU:CON 2021」が本日より3日間オンラインで開催

Newsen |

写真=コンテンツ振興院
「2021 ソウル国際ミュージックフェア(MU:CON/ミューコン)」(以下、「MU:CON 2021」)が、9月30日から10月2日まで3日間にわたってオンラインで開催される。

今年で10周年を迎える「MU:CON」は、韓国国内外の音楽産業界のネットワークの構築と、業界従事者間の交流の活性化を通じて海外進出を図る、アジア最大のグローバルミュージックマーケットだ。今回の行事は、「K-POPの10年と未来:A DECADE OF K-POP AND THE FUTURE AHEAD」をテーマに、「MU:CON」の新しい目標を披露する予定だ。

「MU:CON」は、「K-POPの世界化」という強みを生かして、K-POPの有望な新人ミュージシャンを発掘し、海外進出の登竜門となる見通しだ。これによってこれまでの限られた海外バイヤーを対象に韓国のミュージシャンを紹介するB2B方式から、消費者との接点の機会を増やしていく。「MU:CON」開催10周年を祝う特別公演から、カンファレンス、ネットワーキング、ショーケースまで、さまざまなプログラムを用意している。

■「MU:CON」カンファレンスで見るグローバル音楽産業のトレンドと未来、そしてK-POPの成功事例の分析

音楽産業のトレンドと未来を論じる「MU:CON 2021」カンファレンスは、10月1日から2日まで2日間にかけて行われる。1日には最新音楽の流通トレンドを解説する「MU:CON X TREND」、2日には音楽関連の新技術と情報を取り扱う「MU:CON X FUTURE」が行われ、今世界の音楽産業を引っ張っているトレンドに対して、韓国国内外の講演者たちの多様な見解を聞くことができる場になる見通しだ。

1日の「MU:CON X TREND」の基調講演は、「グローバルスーパースターの浮上-そこで我々が学ぶべきこと」とテーマに、ハーバード・ビジネス・スクール経営学のアニータ・エルバース(Anita Elberse)教授が務める。エルバース教授は、BTS(防弾少年団)の成功事例を分析した報告書「Big Hitと大型バンドBTS:全世界に伸びていくK-POP(Big Hit Entertainment and Blockbuster Band BTS:K-Pop Goes Global)」を発表して、韓国でも知られている。

また、TwitterのグローバルK-POP&コンテンツパートナーシップ統括のキム・ヨンジョン常務が、「#Beyond K-POP:音楽から映画、ドラマ、文化へと伸びていくK-POPの世界化」で、Twitterのビッグデータ分析を通じて、K-POPが文化産業の境界を乗り越えて、世界へと伸びていく様相について語る。

ビルボードのコラムニストのジェフ・ベンジャミン(Jeff Benjamin)の「パワーインタビュー:ジェナ・アンドリュース(Jenna Andrews)」も用意されている。ジェナ・アンドリュースはBTSの「Dynamite」のボーカルプロデュースと「Butter」「Permission to Dance」の作曲に参加した。

その他にも今年新設したプログラムである「ミュージックテク・ピッチング」には、韓国コンテンツ振興院のICT-音楽(ミュージックテク)制作・支援事業に参加したミュージックテク企業のグローバル投資会社向けIRピッチングを支援する。「ミュージックテク・ピッチング」に参加するBeatsomeone、neutune、Phoneair、playhead、Juiceなどの企業も、「MU:CON 2021」と連携した「ミュージックテクトニクス(MUSIC TECTONICS)」の「ミュージックテクカンファレンス(MUSIC TECH SUMMIT)」に参加する。

■30日には10th特別公演、NCT DREAM、PENTAGON、Samuel Seoなど、K-POPミュージシャンが総出動

「MU:CON 2021」初日の30日午後には、「MU:CON」10周年祝賀公演である「MU:CON X The Celebration」が開催される。メインMCのユンナとNCT DREAM、PENTAGONをはじめ、ロックバンドのMONNI、SORAN、フュージョン国楽バンドJAMBINAIと共に、Brave Girls、ウォノ、Samuel Seoなどさまざまなジャンルのミュージシャンが華やかなステージを披露する予定だ。「MU:CON」10周年祝賀公演の第2弾ラインナップは、追加で公開される予定だ。

9月30日から10月2日まで続く「MU:CONショーケース」にはジェイミー(Jamie)、キム・ピル、SE SO NEON、BIBI、アン・イェウン、KATIE、Gahoをはじめさまざまなジャンルのミュージシャンと、特に今年は「PRODUCE 48」出身のAleXa、T1419、HOT ISSUE、KINGDOM、DKBなど、若手K-POPミュージシャンが多数参加し、計42組がステージを披露する。

「MU:CONショーケース」で“優秀ミュージシャン”に選ばれると、「K-ミュージックウィーク」への参加申込と共に、世界的なプロモーションの特典が提供される。また、3日間のショーケース期間中にATEEZ、EVERGLOW、ONF、Golden Child、fromis_9、X1出身のチョ・スンヨン(WOODZ)などのスペシャル祝賀公演も設けられている。

コンテンツ振興院のチョ・ヒョンレ院長は、「『MU:CON』は、ここ10年間のK-POPの成長と共にし、アジアを代表するミュージックマーケットとなっている。今年は10周年を迎えて、より一層多彩な形で飾られた『MU:CON』で、グローバル市場でのK-POPの存在感と音楽的な多様性を同時に確認できるだろう」と伝えた。

「MU:CON 2021」10周年の祝賀公演とカンファレンス及びショーケースは、KOCCA MUSICを通じて誰でも視聴することができ、SBS MTV、SBS FiL、MTV ASIAを通じて生中継やハイライトが放送される。ビジネスプログラムへの参加を希望する場合は、「MU:CON」公式サイトで会員登録後に利用することができる。

記者 : パク・スイン