パク・ヘス&スヒョン&イ・ヒジュン出演、新ドラマ「キマイラ」予告映像第1弾を公開…緊張感溢れる雰囲気

OSEN |

写真=「キマイラ」予告映像キャプチャー
OCN新土日ドラマ「キマイラ」が、予告映像第1弾を公開した。

OCN新土日ドラマ「キマイラ」が本日(30日)、OCNの公式サイトや公式SNSを通じて、目を離すことができない強烈な予告映像を公開し、視聴者たちの関心を集めている。

10月30日に韓国で初放送される「キマイラ」は、捜査一課の刑事ジェファン(パク・ヘス)、プロファイラーのユジン(スヒョン)、外科医のジュンヨプ(イ・ヒジュン)がそれぞれ違う目的を持って、35年ぶりに再び始まった連続爆発殺人事件、いわゆる“キマイラ”の真実を追う内容を描いた追跡スリラーだ。

敬礼する姿で始まる予告映像は、自動車が爆発する衝撃的な場面に続き、危なっかしい爆発シーンが相次いで登場し、人々の視線を集めた。

また、「怪物が覚めた」というフレーズとともに緊張感溢れる雰囲気が垣間見え、爆発現場の中の鋭い表情のパク・ヘス、今すぐ引き金を引くようにと絶叫するイ・ヒジュン、誰かに首を絞め付けられて切羽詰った表情をしているスヒョンの姿が合わさって、強烈な印象を残した。

映像の途中にある人物が登場し、自身を「キマイラ」だと明かす中、果たして真犯人の正体とその中に隠された真実とは何なのか、今後繰り広げられる展開に対する好奇心をくすぐっている。

短い予告映像だけで高い没入感を与えた「キマイラ」は、“一つの個体の中に存在する2つのDNA”を意味する単語であり、劇中で真犯人のシグネチャーを意味する単語で、見どころ満載の映像や予測できない展開で、手に汗を握らせる緊張感を醸し出した。

予告映像は、連鎖爆発殺人事件の真実を暴く過程をスリリングに描くことを予告し、視聴者の期待を高めている。

「太陽を抱く月」を通じて演出力を認められたキム・ドフン監督とパク・ヘス、スヒョン、イ・ヒジュンの共演で期待を集めているOCN新土日ドラマ「キマイラ」は、韓国で10月30日夜10時30分に放送がスタートする。

記者 : パク・パンソク