「警察授業」f(x) クリスタル、B1A4 ジニョンの過去に衝撃

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=KBS 2TV「警察授業」放送画面キャプチャー
f(x)のクリスタルが父親の治療費を稼ぐために犯罪を起こしたB1A4のジニョンの過去に大きな衝撃を受けた。

韓国で27日に放送されたKBS 2TV「警察授業」で、ユ・ドンマン(チャ・テヒョン)はオ・ガンヒ(クリスタル)にカン・ソンホ(ジニョン)の過去を伝えた。

これに先立ちユ・ドンマンはひき逃げ事故で病院に入院した。この日、ジョンシク(ユ・テウン)は、ドンマンの病室を訪れて「上からもうやめろって。ずっと行けば、次怪我する人はユ警監じゃないかもしれない。恐らく、あなたが見てあげているハッカーのカン・ソノ、その子だろう。ちゃんと選びなさい。あの子までケガさせないで。あいつはパク・チョルジンのようになっちゃいけないだろう?」と皮肉った。

すでに意識を回復していたユ・ドンマンは、この事実を隠そうと拳を握り、あえて感情を抑えた。ジョンシクはそんな彼に書類を任せて立ち去った。

この書類はカン・ソンホに関する被疑者尋問調書。ちょうど病室を訪れたオ・ガンヒは「なぜここにソンホと教授の名前があるんですか? 上からやめろっていうのはまた何の話ですか? 次はソンホが怪我するという話はまたなんですか?」とユ・ドンマンに問い詰めた。

彼は「自分の父親の手術費を稼ぐために犯した、子供じみた過ちだった。だから、僕の線で訓戒処置した」と苦しそうに話した。

記者 : イ・ヘミ