Netflixの共同CEOも絶賛!ドラマ「イカゲーム」の人気についてコメント“歴代最高のヒット作になるだろう”

Newsen |

写真=Netflix
「イカゲーム」が、世界的なヒットを続けている。

Netflixオリジナルシリーズ「イカゲーム」が、Netflixが配信される83ヶ国中76ヶ国で1位を獲得した。

9月27日(現地時間)、CNETによると、Netflixの共同CEOでコンテンツ責任者のテッド・サランドスはこの日、ロサンゼルスで開かれたコードカンファレンスで「『イカゲーム』は、プラットフォーム最高の非英語コンテンツになるだろう」と話した。

彼は、「『イカゲーム』が、史上最高のヒット作になる可能性が非常に高い」とコメントした。

人気の測定基準は明らかにしていないが、伝統的にNetflixはリリースから28日間、最低2分間、どれほど多くの人々が視聴するかを人気の指標としている。

これによると「イカゲーム」は2020年に公開された「ブリジャートン家」を抑えて最も人気のあるシリーズとなる。

「イカゲーム」は456億ウォン(約44億円)の賞金がかかった謎のサバイバルゲームに参加した人々が勝者になるため、命をかけて極限のゲームに挑戦する物語を描いたNetflixオリジナルシリーズだ。

記者 : イ・ミンジ