2PM ジュノ&イ・セヨン主演、新ドラマ「袖先赤いクットン」ツーショットを初公開…切ない眼差し

Newsen |

写真=MBC
「袖先赤いクットン」で世紀の恋人イ・サンとソン・ドクイムとして戻ってきた2PMのジュノとイ・セヨンのツーショットが初めて公開された。

韓国で11月5日に初めて放送されるMBC新金土ドラマ「袖先赤いクットン」(演出:チョン・ジイン、ソン・ヨンファ、脚本:チョン・ヘリ)は、自分が選択した人生を守ろうとする女官と、愛より国を優先する帝王の切ない宮中ロマンスだ。絶大な人気を博している脚本家のカン・ミカンの同名の小説を原作とし、2PMのジュノ(イ・サン役)と、イ・セヨン(ソン・ドクイム役)をはじめ、カン・フン(ホン・ドクロ役)、イ・ドクファ(英祖役)、パク・ジヨン(提調尙宮チョ氏役)、チャン・ヒジン(中殿キム氏役)、チャン・ヘジン(ソ尙宮役)、チョ・ヒボン(ホン・ジョンヨ役)、ソ・ヒョリム(ファワン翁主役)、カン・マルグム(ヘビンホン氏役)、オ・デファン(カン・テホ役)など、豪華キャストで2021年、時代劇ブームを巻き起こすことが期待される。

何より除隊後、より一層成熟した姿で戻ってきたジュノと“時代劇の女神”と呼ばれるイ・セヨンが“世紀の宮廷ロマンス”の主人公として出会い、連日期待が高まっている。劇中でジュノは王の跡継ぎで頑固かつ傲慢な完璧主義のイ・サン役を、イ・セヨンは多くの女性の中の一人ではなく、自身の人生を主体的に選択しようとする女官ソン・ドクイム役を演じる。後日、正祖と宜嬪ソン成氏になる二人は、激しく緊迫した政治が繰り広げられる宮廷の中で、切なく波乱万丈な恋愛模様を披露する予定だ。

今回はジュノとイ・セヨンのツーショットが初めて公開され、関心が高まっている。公開されたスチールカットの中で彼らは、青々と茂る葉に囲まれた池の前で二人きりで立っている。黒い袞龍袍(コンリョンポ、王(の跡継ぎ)の衣装)姿のジュノからは王の跡継ぎの威厳と気品が感じられ、服の袖を赤く染めた薄いピンクのチョゴリと藍色のスカートを身にまとったイ・セヨンからは、女官のクールな雰囲気が感じられる。このように、まるで一幅の水墨画を思わせるジュノとイ・セヨンの美しい容姿が、劇中の2人が披露するケミ(ケミストリー、相手への愛情)への期待を高める。

特にジュノとイ・セヨンが目を合わせるシーンが際立つ。王の跡継ぎと女官は決して視線を合わせることができない法に反するためだ。さらに、揺るぎない眼差しでイ・セヨンの目をじっと見つめるジュノと、そんなジュノの顔を緊張した表情で見上げるイ・セヨンの澄んだ瞳が胸をときめかせる。王の跡継ぎと女官、そして一人の男と女を行き来しながら切ないロマンスを披露するジュノとイ・セヨンの姿は、これからの展開への期待を高める。

記者 : キム・ミョンミ