Highlight ヤン・ヨソプ、1stソロアルバム「Chocolate Box」でカムバック!メンバーへの感謝も“応援してくれて心強い”

MYDAILY |

写真=Around Us
Highlightのヤン・ヨソプがグループではなく、ソロでカムバックした。

最近、1stソロアルバム「Chocolate Box」がリリースされた。彼は書面インタビューを通じて「除隊前から少しずつ準備してきました。胸がワクワクして緊張しています」と感想を伝えた。

2019年、義務警察として軍服務を始めたヤン・ヨソプは、昨年8月に除隊。その後、MBC「覆面歌王」に出演し、8連勝を記録して“信頼できる歌手”の復帰を知らせた。

これについて「“信頼できる歌手”という表現は恥ずかしいです」とし「ですが、自信あるのは、僕もHighlightのメンバーたちも適当に活動したり歌を歌ったことはないという事実です。今も歌を歌うのが簡単ではなく、ずっと頑張らないといけないと思っています。そのような姿をありがたくも多くの方々が応援してくださり、記憶してくださって今まで活動することができたようです」と、ロングランの秘訣を伝えた。

2009年にデビューしてから約12年間、グループのメインボーカルとして、時にはソロとして抜群の実力をアピールしてきた彼だが、まだ見せたい新しい姿がたくさんある。ヤン・ヨソプは今作のタイトルにもそんな意味を込めたという。「チョコレートボックスから出すチョコレートがどんな味なのか分からないように、『ヤン・ヨソプがこんな音楽をするの?』という感じを与えたかったです」と説明した。

成し遂げたい目標としては、良い成績や人気の代わりに「人々が街で僕の音楽を偶然聴いて『あれ、これ誰の声? いいね』『この人、頑張って歌ってるんだ。いい歌手だな』と思ってほしいです。僕をよく知らない方々に、僕の声を知らせたいです」と願いを伝えた。

また、タイトル曲「BRAIN」については「縄跳びをしながらライブで練習しました」と明かして視線を集めた。テンポが速くて吹きまくるような雰囲気の楽曲であるため、歌とパフォーマンスを同時に果たすのが大変だったという。しかし「パフォーマンスと音楽が合って、ステージを見る面白さもありそうです」と自信を示した。

最近、ヤン・ヨソプの過去の発言が話題になって、“言行不一致”がファンたちを楽しませている。2013年、あるステージのビハインド映像で、彼はケーブルチャンネルMnetオーディション「SHOW ME THE MONEY 10」に新人ラッパーとして参加すると宣言。また、前作のソロアルバムで膨大な量のフォトカードが注目されると、「これからはしない」と語った。

しかし、もう8年が経って「SHOW ME THE MONEY 10」の受付は始まり、彼は参加しなかった。ファンの要請が続くと、ヤン・ヨソプはライブ配信などを通じて「できない。良い姿だけ見せたいよ。恥ずかしいヨソプは嫌だ」と冗談を言った。特に今回「Chocolate Box」のフィジカルアルバムのフォトカードは、なんと105種に達する。

ヤン・ヨソプは「ファンの方々が喜んでくれれば、僕も嬉しいです」とし「ですが『SHOW ME THE MONEY 10』には出演しません。たまに『SHOW ME THE MONEY』の夢を見ます」と強調。また、フォトカードについては「そうですね。またこうなってしまいました」と言葉を濁して笑いを誘った。

Highlightのメンバーのおかげで、彼は成功裏にソロとしてカムバックすることができた。「心強いです」と伝えたヤン・ヨソプは「ユン・ドゥジュンとイ・ギグァンは、選曲会議からこの曲を好きになってくれました。特にユン・ドゥジュンは、NAVERのライブ映像配信アプリ『V LIVE』でも事前に鑑賞を伝えていたようです。ソン・ドンウンもタイトル曲がいいと言ってくれました。メンバーたちが予告イメージからSNSにコメントを残すなど、応援してくれました」と感謝の気持ちを伝えた。

記者 : オ・ユンジュ