キム・ピル、新曲「初めて会ったあの時のように」コンセプトフォトを公開

MYDAILY |

写真=ARCHIVE ACHIM
歌手キム・ピルがデビュー10周年を記念してリリースするデジタルシングルのタイトルと、コンセプトフォトが公開されて期待を高めている。

所属事務所のARCHIVE ACHIMは22日、公式SNSを通じて秋の感性が感じられるコンセプトフォトと共に、新曲のタイトル「初めて会ったあの時のように」を公開して視線を集めた。

「初めて会ったあの時のように」は彼のデビュー10周年を記念してリリースされるデジタルシングルで、ここ10年間傍を守ってくれたファンへの感謝の気持ちを込めたアルバムだ。

特にこの曲は2019年、JTBC「Begin Again3」を通じて縁を結んで親しくなったミュージシャンのイム・ホンイルが作詞と作曲を手掛けてキム・ピルにプレゼントした事実が知られて話題を集めた楽曲。この曲を通じて2人のケミ(ケミストリー、相手との相性)を垣間見ることができるものと期待される。

同曲のヒントになるコンセプトフォトには、愛する人を思い出しているようなロマンチックな姿が収められている。彼は落ち着いた静かな雰囲気の中で、悩みに陥ったようでもあり考え込んでいるようでもある妙な表情を見せていて好奇心を刺激する。

昨年12月にリリースしたデジタルシングル「sleeplessness」以来、約9ヶ月ぶりにカムバックするキム・ピルの新曲「初めて会ったあの時のように」はファンへのメッセージを込めた楽曲で、クラシックな秋の感性を盛り込んだメロディで今秋、リスナーの感性を刺激するものと期待を集めている。

デジタルシングル「初めて会ったあの時のように」は、今月29日に発売される。

記者 : イ・スンロク