BTS(防弾少年団)、ニューヨークでコールドプレイと再会!笑顔の記念ショットを公開

Newsen |

写真=BTS公式SNS、コールドプレイ公式SNS
BTS(防弾少年団)と世界的なバンドのコールドプレイ(Coldplay)が、米・ニューヨークで再会した。

本日(23日)、BTSの公式Twitterには「My Universe Crew ! +改良hanbok」という書き込みと共に1枚の写真が掲載した。

公開された写真には、BTSのメンバー7人がコールドプレイのメンバーのクリス・マーティン、ジョニー・バックランド、ウィル・チャンピオン、ガイ・ベリーマンと共に並んで立っている姿が収められている。彼らはコラボシングルの発売を前日に控えて、ニューヨークで再会した。

コールドプレイもこの日、公式SNSにBTSと一緒に撮った写真を掲載して、赤いハートと青いハートの絵文字を付け加えた。

彼らが公式に会うのは、今回で2回目となる。コールドプレイのフロントマン(ボーカル兼キーボード)であるクリス・マーティンは、BTSとの初コラボのために4月に韓国を訪問。BTSの所属事務所であるHYBE(傘下のBIGHIT MUSIC)の社屋を訪問した。

コールドプレイの所属事務所であるWARNER MUSIC KOREA、BTSの所属事務所BIGHIT MUSICによると、2組がコラボした新曲「My Universe」は9月24日午後1時に発売される。コールドプレイは10月15日、9thフルアルバム「Music Of The Spheres」の公開を控えて、10番トラック「My Universe」をシングルで先行公開することに決定した。

BTSとコールドプレイは「My Universe」の歌唱にとどまらず、作詞・作曲にも参加して完成度を高めた。

プロデュースはマックス・マーティン(Max Martin)が務めた。これまでブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)、アヴリル・ラヴィーン(Avril Lavigne)、ピンク(Pink)、ケイティ・ペリー(Katy Perry)、マルーン5(Maroon 5)、ザ・ウィークエンド(The Weekend)、テイラー・スイフト(Taylor Swift)、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)、イン・シンク(*NSYNC )、バックストリート・ボーイズ(Backstreet Boys)など、世界的なポップスターたちのプロデューサーとして名を馳せたヒット曲メーカーだ。

クリス・マーティンは13日、米NBCのテレビショー「The Kelly Clarkson Show」でBTSとのコラボを決心したきっかけについて「我々(コールドプレイ)は、いかなる境界や区分も信じていない。『My Universe』はある人が特定の人を愛せないとか、この人種とは共にできないとか、同性愛者になれないという話を聞くことに関する曲だ。この曲をBTSと歌ったら良さそうだと思った。彼らとのコラボは、最も楽しいことの1つだった。BTSと共にするために韓国に行った。素晴らしかった」と説明した。

BTSは「未来世代と文化のための大統領特別使節(Special Presidential Envoy for Future Generations and Culture)」としてムン・ジェイン(文在寅)大統領のニューヨーク・スケジュールに同行。20日、ニューヨークで国連事務総長の主宰の下で開かれた「第76回国連総会」特別行事の「持続可能な開発目標(SDGs)モーメント」の開会セッションに出席し、演説を行った。

記者 : ファン・ヘジン