BTS(防弾少年団)、ニューヨーク韓国文化院をサプライズ訪問!メンバーの直筆サイン展示も「韓国文化に触れられて誇りに思う」

Newsen |

写真=ニューヨーク韓国文化院 公式Facebook
BTS(防弾少年団)が、大統領の特別使節をはじめ、韓国を代表する世界的なグループとして活躍を続けている。

米・ニューヨークのマンハッタンにある、ニューヨーク韓国文化院(KCCNY)は9月23日(韓国時間)、公式Facebookを通じて「BTSがニューヨーク韓国文化院をサプライズ訪問した。我々は最高のサプライズプレゼントをもらった」と明かした。

ニューヨーク韓国文化院によると、BTSは韓国を代表する映画関係者200人の写真展が行われていることを知り、事前に計画されていなかったにもかかわらず、ニューヨーク韓国文化院を訪れた。BTSは展示会場を見学した後「韓国文化に接することができる空間がニューヨークに設けられているということに驚き、誇らしく思った」と述べた。

文化体育観光部のファン・ヒ長官もニューヨーク韓国文化院にとどまっていた状況であり、BTSとのサプライズな再会が実現したという。

ニューヨーク韓国文化院は、BTSのメンバーたちの直筆サインをギャラリーに展示する予定だ。

これに先立って、BTSは最近「未来世代と文化のための大統領特別使節」に任命された。ムン・ジェイン(文在寅)大統領の海外スケジュールに同行し、特別使節として初の公式任務を遂行するために、9月18日に仁川(インチョン)国際空港を通じてニューヨークに出国した。

BTSは、大統領特別使節の役割の一環として20日、ニューヨーク・国連本部で開催された「第76回国連総会」の特別行事に参加。ムン大統領に続き、壇上に上がって約7分間、韓国語で未来世代の話を伝えた。

その後、BTSは大統領夫人のキム・ジョンスク氏と共に、ニューヨーク・メトロポリタン美術館・韓国室を訪問。彼らは新羅(シルラ)の金銅半跏思惟像、高麗(コリョ)時代の青磁の笛、現代の粉青沙器と白磁壺などの展示品を観覧した。美術館のルーフガーデンに設けられた韓国工芸品伝達式にも出席した。

大統領府の公式SNSによると、BTSのメンバーたちは金銅半跏思惟像を見ながら「好きな作品だ」と述べ、リーダーのRMは「白磁壺の歪んだ形から魅力を感じる」と感想を伝えた。

その他にもBTSは22日、ムン大統領と共に米国・ABCニュースの同伴インタビュースケジュールをこなした。今回のインタビューは、全世界の会員国を代表して招待されたムン大統領と、未来世代の代表として招待されたBTSの国連総会特別行事への参加をきっかけに行われた。

ムン大統領とBTSが出演するABCのインタビューは、現地時間で24日の午前と午後に「グッド・モーニング・アメリカ(Good Morning America)」、25日に「ナイトライン(nightline)」を通じて、米全域で3回にわたって放送される。インタビュー映像は、大統領府の公式YouTubeやSNSを通じても公開予定だ。

・BTS(防弾少年団)、メーガン・ザ・スタリオンとの記念ショットを公開…お茶目な姿をアピール

・BTS(防弾少年団)、国連総会での演説&パフォーマンスを100万人以上が視聴!海外メディアも大注目

記者 : ファン・ヘジン