Ailee、激しいダイエットで声帯結節を経験「高音を歌う力がなくて…」

TVREPORT |

写真=チャンネルA「オ・ウニョンのクムチョク相談所」放送画面キャプチャー
歌手のAileeがステージ恐怖症と激しいダイエットで声帯結節を経験した事情を公開した。

韓国で最近放送されたチャンネルA「オ・ウニョンのクムチョク相談所」にはAileeが出演し、ステージ恐怖症を経験したと明かした。

Aileeは「最初は歌うのが好きだった。2018年頃に会社から出て独り立ちをしたが、母親が急に病気になり、私に本当にたくさんの期待が寄せられた。荷物が大きくなった気がして、プレッシャーを感じ『このステージダメにしたらどうしよう? それで次呼んでくれなくなったらどうしよう』というプレッシャーと、ステージをダメにしそうな恐怖を感じた」と打ち明けた。

またAileeは自分のルックスに対する話が多かったとし、「私もどの基準に合わせればいいかわからなかった。体重を減らしたら痩せすぎ、体重を増やしたら太り過ぎだ、また減らせという」とし、「3~4年間ダイエットをしないで、同じ体重を維持しても、むくんだり、むくみが取れたことによって変わる人々の物差しに気を使うようになった。それでダイエットをして一ヶ月で約10kg減らしたりもした」と、当時厳しいダイエットをしたと打ち明けた。しかし、高音の歌を歌うときの力がなく、声帯に力を入れて歌ったため、のどに無理させて声帯結節になったとダイエットの後遺症を経験した当時を振り返った。

この日、オ・ウニョン博士は「他人敏感性」が高すぎる人たちのための助言とともに「人の感情は人に返して。Aileeがそれを抱えないで。それはAileeのものじゃない」とAileeにぴったりのメンタルケア方法を伝えた。

・EXO ベクヒョンからMAMAMOO ソラまで…ドラマ「ホン・チョンギ」超豪華OSTラインナップ第1弾を公開

・Ailee、VIXX ラビが設立した新レーベル「THEL1VE」と専属契約…今後の活動に期待

記者 : ハ・スナ