イ・ハニ&イ・サンユンら出演、新ドラマ「One the Woman」放送控え作品への思い明かす“疲れた日常を…”(総合)

MYDAILY |

写真=SBS
視聴者に痛快な面白さを届けるドラマがやってくる。

本日(15日)午後、SBS新金土ドラマ「One the Woman」(脚本:キム・ユン、演出:チェ・ヨンフン)のオンライン制作発表会が行われ、チェ・ヨンフン監督、イ・ハニ、イ・サンユン、チン・ソヨン、イ・ウォングンらが出席した。

「One the Woman」は、一夜にして不良検事から財閥家の令嬢に人生がチェンジしてしまった後、財閥家に入った“不良指数100%”検事のダブルライフコミカルドラマだ。

この日、チェ・ヨンフン監督は「ドラマに“魔法の粉”という設定があります。視聴者の皆さんの疲れた日常を癒してくれる魔法の粉のようなドラマになってほしいです」と挨拶した。

「One the Woman」は、イ・ハニが2年6ヶ月ぶりにドラマ復帰する作品として早くから話題を集めた。劇中でイ・ハニは、スポンサー不正検事のチョ・ヨンジュ役と韓国屈指の財閥ハンジュグループの嫁カン・ミナ役を通じてデビュー後初めて一人二役に挑戦する。

これに対し、イ・ハニは「台本を見てたくさん笑いました。このような台本は非常に珍しいです。早く演技したいという気持ちで溢れていました」と出演のきっかけを明かした。続いて「私が演じるチョ・ヨンジュというキャラクターは、言いたいことは全て言い切る性格の人物です。彼女を見て痛快さを感じると思います」と説明した。

特に、映画「エクストリーム・ジョブ」などを通じてコミカルな演技が認められたイ・ハニは「自分にできるコミカルな演技の全てをお見せしました」とし「以前の作品が『One the Woman』のためのパズルのような存在になったのではないかと思うほどでした。しかし、私たちだけが面白いのではないかという心配もあります」と話し、微笑みを浮かべた。

イ・サンユンは、スラッとした長身のイケメンで性格も良い財閥1世のハン・スンウク役に扮する。コミカルな演技に挑戦してみたかったが、少し真面目なキャラクターなので残念だったという彼は「コミカルな演技が一番難しいです。僕なりに隙を狙っています。そのため、一生懸命に勉強しています」と語った。

続いて、劇中で自身の子供時代を演じるTHE BOYZのヨンフンについても言及し「ビジュアルが抜群で、いくら努力してもビジュアル的に彼には勝てないと思いました」と冗談交じりに話した。そんなイ・サンユンに対し、イ・ハニは「でも実際にツーショットを見た時、全く違和感がなかったですよ」と彼を慰めた。

イ・ウォングンは除隊後の復帰作として「One the Woman」を選択した。彼は「待っていてくださり感謝しています」と感謝の気持ちを表現し、自分が演じるキャラクターについて「とても魅力的です。恋に失敗してもまた挑戦する姿、そして仕事に限っては堂々としている姿が心に響きました」と説明した。

イ・ハニは、イ・ウォングンについて「彼が軍隊に入る前から(彼の)作品を興味深く見ていましたが、今回一緒に撮影してみたらすごく成熟したなと感じました」と絶賛した。

チン・ソヨンは優雅な雰囲気とともに登場した。彼女は「悪役を演じることになりました」としながらも、「ちゃんとやってみようと思い、衣装も悪党たちがあまり着ないような“ホワイトルック”が多いです」と予告した。

すると、チェ監督は「そのとおりです。優雅な悪役は本当に難しいです。チン・ソヨンは涼しさとだるさの中のエネルギーが本当に良いです」と絶賛した。続いて「イ・ハニはコミカルだが、感情の変化がとても激しいです。最近、撮影現場で涙を見せたこともあります」とイ・ハニが演じるキャラクターについても明かし、また「イ・サンユンは茶目っ気もありますが、ロマンチックな眼差しも欠かせないです。イ・ウォングンもだるさと余裕さを行き来する姿を見せています」とし、出演キャストへの格別な愛情を伝えた。

チェ監督は最後に「ペントハウス3」の後番組ということについて「とてもプレッシャーを感じていますが、どうにかして乗り越えようと頑張っています」と語り、本作への期待を高めた。

「One the Woman」は韓国で17日に放送がスタートする。

記者 : オ・ユンジュ