TOMORROW X TOGETHER、2ndフルアルバムが「ビルボード200」で78位に…2021年のK-POPアルバムで最長チャートイン

OSEN |

写真=BIGHIT MUSIC
“2021年ホットなグローバルグループ”TOMORROW X TOGETHERが「ビルボード200」に長期間ランクインしている。

14日(現地時間)、米音楽専門メディアのビルボードが発表した最新チャート(9月18日付)によると、TOMORROW X TOGETHERの2ndフルアルバム「混沌の章:FREEZE」はメインアルバムチャートである「ビルボード200」で78位になり、通算12週チャートインに成功した。

このアルバムは6月19日付の「ビルボード200」チャートで5位になった後、9週連続チャートインに成功した。その後、2ndリパッケージアルバム「混沌の章:FIGHT OR ESCAPE」の売上が合算され、9月4日付のチャートで再び8位になり、11日付のチャートでは26位にランクインした。

これで「混沌の場:FREEZE」は今年発売されたK-POPグループのアルバムの中で「ビルボード200」に最も長くランクインしたアルバムになった。

「混沌の章:FREEZE」はこの他に、ビルボード「ワールドアルバム」チャートで2位、「テイストメーカーアルバム」チャートで4位、「トップアルバムセールス」「トップカレントアルバムセールス」チャートでそれぞれ7位になった。リパッケージアルバム「混沌の章:FIGHT OR ESCAPE」のタイトル曲「LO=LO♡ER」は「ワールドデジタルソングセールス」チャートで先週より2位上昇した10位になった。

トレンディなメロディーに現実で感じる感情を自分たちだけのスタイルで表現し、全世界のZ世代のファンに愛されているTOMORROW X TOGETHERは11月10日、日本でEP「Chaotic Wonderland」を発売する。

記者 : イ・スンフン