BTS(防弾少年団)のV、自作曲「Snow Flower」がSoundCloudでストリーミング数2千万回を突破!

Newsen |

写真=Newsen DB
BTS(防弾少年団)のVの自作曲「Snow Flower」が、SoundCloud(サウンドクラウド)で2千万回のストリーミング数を突破した。これでVは、このプラットフォームに掲載した全曲が2千万回ストリーミングを達成することになった。

Vの自作曲「Snow Flower」は昨年12月25日に公開された楽曲で、Vが新型コロナウイルスで苦しい時間を過ごしているファンを励ますためにプレゼントしたもので、意味深い。

BTSは13日午前(韓国時間)、米ニューヨーク・バークレイズセンター(Barclays Center)で開催された「2021 MTVビデオ・ミュージック・アワード」で、最優秀グループ(Group of the Year)賞および、今年発売した「Butter」で最優秀K-POP(Best K-POP)と最優秀サマーソング(SONG OF SUMMER)賞を受賞した。

BTSは今回の授賞式で計7部門にノミネートされ、自己最多ノミネートの記録も打ち立てた。

BTSが5月に発売した「Butter」と7月に発売した「Permission to Dance」は現在も、米ビルボードのメインチャートである「HOT100」最上位にランクしており、世界的な人気を博している。

記者 : イ・ヘジョン