ウォノ、タイトル曲「BLUE」MV予告映像第2弾を公開…希望に満ちたメッセージとは?

OSEN |

写真=Highlineエンターテインメント
ウォノがニューアルバムのタイトル曲「BLUE」の予告映像第2弾を公開し、音源とパフォーマンスの一部を公開した。

所属事務所のHighlineエンターテインメントは昨日(12日)午後8時、公式YouTubeチャンネルにウォノの2ndミニアルバム「Blue Letter」のタイトル曲「BLUE」のミュージックビデオ予告映像第2弾を掲載した。

映像の中でウォノは、アメリカンフットボールのユニフォームを着て、激しく衝突しながら、カリスマ性溢れる姿をアピールした。続けて、オールブラックの衣装を着た彼が白いスポーツカーの前で、歌を歌う姿が収められた。

彼ならではの自由な雰囲気と優れたビジュアルは、世界中のファンをときめかせた。それだけでなく、彼は今回の予告映像で「BLUE」の音源とパフォーマンスの一部を披露し、カムバックへの期待を高めた。

夏の終わりが感じられるタイトル曲「BLUE」は魅力的なギター、ベース、ドラムのリズミカルなグルーヴが調和したポップダンスナンバーだ。憂鬱感と海の青さを象徴する「BLUE」の二重の表現で、明るく希望に満ちたメッセージを込めている。

「Blue Letter」には「BLUE」をはじめ、「Intro:Seasons and Patterns」「No Text No Call」「Come Over Tonight」「24/7」「Stranger」「BLUE」の英語バージョンの全7曲が収録される。

特に、ウォノは今回のアルバムの全曲の作詞・作曲に参加し、アーティストとして優れた力量を発揮する。また、史上最高の音楽とパフォーマンスを予告し、世界中のファンの注目を集めている。

一回り成長したウォノに出会える2ndミニアルバム「Blue Letter」は、14日午後6時に音楽配信サイトを通じて発売される。

記者 : チ・ミンギョン