Red Velvet イェリ、ドラマ「ブルーバースデー」最終回を迎え感想を明かす…PENTAGON ホンソクとのツーショットも公開

TVREPORT |

写真=イェリ Instagram
Red Velvetのイェリがドラマ「ブルーバースデー」を終えた感想を伝えた。

12日、イェリは自身のInstagramを通じて数枚の写真とともに「ブルーバースデー」終了の感想を伝えた。公開された写真はイェリとPENTAGON ホンソクの青春漂うツーショットだ。

制服を着て清純な魅力をアピールしているイェリは「今もその時その時の撮影現場の温度を鮮明に思い出します。おかげでとても幸せな夏をプレゼントされたようで、こうしてお別れの挨拶をするのは難しいです」と感想を伝えた。

続いて「『ブルーバースデー』という作品に出会い、私自身が抱えていた全ての後悔と不安をハリン(劇中のキャラクターの名前)と分け合い、減らす事が出来ました。これまで私と一緒に長い時間を旅してくださりありがとうございました。心の中に長く覚えていてください。皆さん、愛しています。ハリンより」と別れの挨拶を伝えた。

イェリが出演した「ブルーバースデー」は、10年前の自身の誕生日に極端な選択をしてしまった初恋の彼が残した謎の写真を通じて、過去と現在を行き来するファンタジーロマンススリラーだ。11日にNAVER TVを通じて最終回が公開された。

記者 : キム・ウンジョン