Red Velvet「音楽中心」で3週連続の1位!キム・ヒョナ&DAWNらのカムバックステージも

Newsen |

写真=MBC「音楽中心」放送画面キャプチャー
Red Velvetが3週連続で1位に輝いた。

9月11日に放送されたMBC「ショー 音楽中心」では、Red VelvetがAKMU、I.O.I出身チョン・ソミをおさえて「Queendom」で1位を手にした。

同日の放送では、多彩なカムバックステージが公開された。SUPER JUNIORのソンミンは、新曲「Goodnight, Summer」で2年ぶりに音楽番組に出演した。いつにも増して暑かったが、それぞれの理由で休めなかった疲れた夏を慰める歌詞でリスナーを癒やした。

公開熱愛中のキム・ヒョナ&DAWN(元PENTAGONのイドン)は「PING PONG」でユニット活動を始めた。「PING PONG」はまるで卓球ボールが行き来する姿のように、恋に落ちた恋人の姿を可愛く表現した曲で、大胆なスタイリングを試みた2人はパワフルなパフォーマンスで視聴者を楽しませた。

イ・ハイは新曲「赤い口紅」でレトロガールに変身した。一段と綺麗になった美貌、ユニークな音色でファンを夢中にさせた。

デビュー9周年を迎えたペク・アヨンは、特有の澄んだ歌声でタイトル曲「何もやりたくなくなったらどうしよう」を歌ってヒーリングを届け、日常に疲れた人々の共感を得た。

第4世代ガールズグループの代表格、STAYCは「STEREOTYPE」で清涼かつラブリーなティーンフレッシュさを誇った。目に見える姿だけで判断せず、純粋に見てほしいと願う少女の心を代弁し、より成熟した魅力を披露した。PURPLE KISSは「Zombie」でファンキーなエネルギーが溢れるステージを届けた。

DAY6のYoung Kは「最後まで抱きしめてあげる」でソロデビューした。彼はパワフルな歌唱力、ステージでグループ活動の時とは違った魅力をアピールした。

この日の「音楽中心」にはSUPER JUNIOR ソンミン、キム・ヒョナ&DAWN、イ・ハイ、ペク・アヨン、DAY6のYoung K、BTOB、Stray Kids、IZ*ONE出身クォン・ウンビ、STAYC、PURPLE KISS、Nerd Connection、VERIVERY、X1出身のイ・ウンサン、MCND、CRAVITY、T1419、ICHILLIN'、ホン・ジュヒョンら出演した。

記者 : イ・ハナ