チョン・ヘイン、三池崇史監督の韓国ドラマ「CONNECT」に出演なるか…オファーを受け検討中

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
俳優チョン・ヘインと三池崇史監督の出会いは実現するのか、注目が集まっている。

10日、チョン・ヘインが所属しているFNCエンターテインメントは「チョン・ヘインがドラマ『CONNECT』の出演オファーを受け、検討している」と明かした。

「CONNECT」は三池崇史監督の韓国進出作で、臓器ハンターたちに身体の一部を奪われた男が、臓器移植を受けた人とつながることから繰り広げられるストーリーを描く。

三池崇史監督は、映画「殺し屋1」「着信アリ」「クローズZERO」「逆転裁判」「無限の住人」などを演出し、韓国国内でも認知度が高い。

チョン・ヘインは最近Netflixのオリジナルドラマ「D.P.」をヒットさせ、俳優としての地位をさらに固めた。彼は今年下半期に韓国で放送予定のJTBCドラマ「雪降花 : snowdrop」に出演する。

・「愛の不時着」「ヴィンチェンツォ」を手掛けたスタジオドラゴン、三池崇史監督と韓国ドラマ「CONNECT」制作へ

・チョン・ヘイン、Netflixオリジナルシリーズ「D.P.」でアクションシーンに挑戦“撮影する3ヶ月前から…”

記者 : イ・ヘミ