コ・ヒョンジョン&シン・ヒョンビン出演、新ドラマ「君に似た人」メインポスターを公開…対照的な2人の姿

MYDAILY |

写真=CELLTRIONエンターテインメント、JTBCスタジオ
総合編成チャンネルJTBC新水木ドラマ「君に似た人」が、2人の主人公コ・ヒョンジョン、シン・ヒョンビンがフレームを挟んで対立しているような、スリリングな緊張感が漂うメインポスターを公開した。

9日に公開された「君に似た人」(脚本:ユ・ボラ、演出:イム・ヒョヌク)のメインポスターは、ストーリーを引っ張っていく2人の女、チョン・ヒジュ(コ・ヒョンジョン)とク・ヘウォン(シン・ヒョンビン)の関係を暗示するような姿で視線を圧倒した。

上品なオフショルダードレス姿のチョン・ヒジュが、白いスカートを広げて座っているク・ヘウォンの後ろでフレームを持って立っている姿は、自身の空間を必ず守ろうとするヒジュの心境を代弁する。一方ヘウォンは無表情でフレームの外に座っているにもかかわらず、まるで自身の空間を超えてヒジュを脅かしているように見える。フレームを挟んで対立しているような2人の表情からは、微妙な雰囲気が感じられる。

また「忘れていた、忘れたかった人」というフレーズはどんな意味なのか、誰の話なのか好奇心を刺激する。何よりも、メインポスターでこのようにフレームの内と外という空間を分け合っている、対照的な2人の女の事情に関心が集まっている。

韓国で10月13日の午後10時30分から初放送される「君に似た人」は、妻と母という名前を捨て、自分の欲望に忠実な女性チョン・ヒジュと、その女性との短い出会いで“自身の人生の助演”になってしまったもう一人の女性ク・ヘウォンのストーリーを描く。フレームの中でチョン・ヒジュの安定的な生活を捕まえているようなコ・ヒョンジョンと、相反される空間であるフレームの外で自身の人生の助演になってしまったク・ヘウォンの悲惨さを象徴するシン・ヒョンビンは、完璧な呼吸で印象的なメインポスターを完成させて、視聴者の期待を高めている。

久しぶりにドラマにカムバックするコ・ヒョンジョンは、成功した画家兼エッセイ作家で、優しい夫とともに2人の子供を育てるチョン・ヒジュ役に扮する。シン・ヒョンビンは、華やかに輝いた青春だったが、悲惨にも転落してしまうもう一人の主人公ク・ヘウォン役に扮して、これまでとはギャップのある演技を披露する。

2人の女の欲望と秘密、ミステリアスさとロマンスが入り混じったしっかりしたストーリーを披露する「君に似た人」は、韓国で10月13日に初放送される。

記者 : チョン・ジヒョン