VIXX エン、新ドラマ「Bad and Crazy」に出演決定…イ・ドンウク&ウィ・ハジュンらと共演

MYDAILY |

写真=51K
VIXXのエンがケーブルチャンネルtvN新金土ドラマ「Bad and Crazy」への出演を確定した。

同作は、有能だが“悪いやつ”のスヨル(イ・ドンウク)が正義感あふれる“変わったやつ”K(ウィ・ハジュン)に出会って人間性を回復するヒーロードラマだ。

「悪霊狩猟団:カウンターズ」の制作陣が“最も温かく、最も隣人のようなヒーロー”を前面に出した前作に続き、もう一度“今の時代に最も必要な、かつてないヒーローの誕生”を予告し、独特の設定と痛快なアクションを披露するものと期待される。

先立ってイ・ドンウク、ウィ・ハジュン、ハン・ジウンか出演を確定した。

エンは劇中、ソヒャン交番の巡査オ・ギョンテ役に扮する。オ・ギョンテは警察の使命感と真面目さを備えた、交番で末っ子の巡査。困っている人を無視することができず、先に近づいて行って助けの手を差し伸べる優しくて温かい性格の人物だ。

明るくて純粋な一面もあるが、仕事においては細かい手がかり一つも逃さないしつこさと決断で、最後まで最善を尽くす熱血警察だ。エンはオ・ギョンテ役を演じて、劇の緊張感を倍増させて強烈な存在感をアピールするという。

今年、tvNドラマステージ2021「ザ・フェア」でサイコパスの連鎖殺人犯のコ・ドヨン役を演じて、体を惜しまない熱演を繰り広げたエンは、次期作「Mine」では一度も本人が心から望んでいたものを手にしたことがない財閥3世のスヒョクが、徐々に成長していく姿を繊細に描き出した。これに「Bad and Crazy」で披露する、一風変わった演技のイメージチェンジに期待が高まっている。

彼は「台本がとても面白くて、時間の経つのも忘れて夢中になって読んだ。外見は純粋な新人巡査だが、自身が守らなければならないと思うことは最後まで守り抜くため最善を尽くす、決断あるギョンテの姿が印象的だった。ギョンテをどう演じるかたくさん悩んだが、素晴らしい監督と演技者の先輩の方々のおかげで楽しく撮影している。楽しみにしていただきたい」と抱負を伝えた。

「Bad and Crazy」は韓国で12月に放送される予定だ。

記者 : カン・ダユン