パク・ジヒョン、新ドラマ「財閥家の末息子」に出演決定…堂々とした財閥の長女役

MYDAILY |

写真=NAMOO ACTORS
パク・ジヒョンが総合編成チャンネルJTBC新ドラマ「財閥家の末息子」(脚本:キム・テヒ、演出:チョン・デユン)に出演する。

所属事務所NAMOO ACTORSは9日、パク・ジヒョンが「財閥家の末息子」にキャスティングされたと明かした。魅力的なビジュアルとジャンルを問わない演技力で注目されている彼女は、「財閥家の末息子」に合流して活発な活動を続けていく。

ソン・ジュンギ、イ・ソンミン、シン・ヒョンビンなど信頼できる演技力の俳優が総出動して期待を集めている「財閥家の末息子」は、財閥一家のリスクを管理する秘書のユン・ヒョヌ(ソン・ジュンギ)が、財閥家の末息子チン・ドジュンとして生まれ変わり、人生第2幕を生きるファンタジードラマだ。

パク・ジヒョンは劇中、ハンソン日報のオーナーの長女モ・ヒョンミン役に扮する。学歴、美貌、家などすべてが完璧で、いつも堂々として自信溢れる彼女は、スニャン家との政略結婚もクールに受け入れ、自身の人生を緻密に計画する用意周到で大胆な人物だ。

ドラマ「新米史官ク・ヘリョン」「ブラームスが好きですか」などでキャラクターのストーリーを深くて繊細な演技力で描き出したパク・ジヒョンが、「財閥家の末息子」で披露する演技の変身にも期待が高まっている。完璧だったモ・ヒョンミンの人生が、チン・ドジュンに会って少しずつ変化していく姿をどのように表現するのか、好奇心を刺激する。

今月17日にTVINGとtvNで同時公開される「ユミの細胞たち」で、ソ・セイ役を務めて下半期の活躍を予告した中、「財閥家の末息子」の出演まで確定して来年上半期まで走り続けるパク・ジヒョン。一度見たらハマるしかない魔性の魅力で各作品で斬新なインパクトを与えている彼女が、またどんな姿で視聴者を魅了するのか注目が集まる。

「財閥家の末息子」は、「サバイバー: 60日間の大統領」「ビューティフルマインド」「トキメキ☆成均館スキャンダル」のキム・テヒが脚本を、「W-君と僕の世界-」「彼女はキレイだった」「ロボットじゃない」のチョン・デユンが演出を務める。トップ俳優と制作陣がタッグを組んだ「財閥家の末息子」は、韓国で2022年に放送される予定だ。

記者 : チョン・ジヒョン