チャ・スンウォン、映画「シンクホール」観客100万人突破に感謝&共演者への愛情語る“絆が深まり時々ビールも…”

MYDAILY |

写真=YG ENTERTAINMENT、(株)SHOWBOX
俳優のチャ・スンウォンが映画「シンクホール」の観客動員数100万人を達成し、ファンに感謝の言葉を伝えた。

チャ・スンウォンは最近行われたオンラインインタビューで、8月11日に韓国で公開された映画「シンクホール」(監督:キム・ジフン)に言及した。

「シンクホール」は、11年苦労して購入したマイホームが地下500mの超大型シンクホール(何らかの化学的な変化によって開く地表にまで到達する大きな穴)に墜落することから繰り広げられる、パニックコメディ映画だ。2021年に公開された韓国映画の中で、最短期間で観客動員数が100万人を突破するなど、様々な記録を更新し、凄まじい勢いで観客数を伸ばしている。見どころ満載な展開と愉快な雰囲気が調和して、最高の娯楽映画として観客を魅了した。

劇中でチャ・スンウォンは、超大型シンクホールから脱出するために奮闘するチョン・マンス役に扮した。チョン・マンスは、1人息子のスンテ(ナム・ダルム)のため、同時に3つの仕事を掛け持ちしながら、隣人とたびたびぶつかる気難しいおせっかいな人物だ。しかし、隣人と一緒に地下500mのシンクホールに墜落すると、驚くべき生存本能とポジティブなエネルギーを見せ、孤立した人々を引っ張っていく。

この日、チャ・スンウォンは「新型コロナウィルスの感染拡大により、防疫レベルが4段階に引き上げられるなど、厳しい時期にもかかわらず100万人の観客が『シンクホール』を見てくださって本当に感謝の気持ちでいっぱいです。今年公開された韓国映画の中で、観客動員数100万人を超える映画は数少ないです。そのため、より貴重で、観客動員数100万人は本当に大きな数値です。周りからも『映画見ました』と言ってもらえることが増えました」と伝えた。

続けて「とても感謝しています。気分が良いです」と感想を語るも、彼は「ただ時期が時期なので、いつまで興行が続くのか、ずっと心配しています。いつまでこの状況が続くのか、そういう心配が多いです」と話した。

現在、「人質」「モガディシュ」など、韓国映画が3本、並んでボックスオフィスの上位圏にランクインしていることについては、「全体ボックスオフィスが大きくなれば分け合うはずですが、小さくなっている状況ですので、気分はあまり良くないです。互いに損をすることなく、2、3位になっても嬉しい状況が訪れればと思います」と話した。

「シンクホール」への出演を決めた理由を尋ねると、彼は「コメディと災難、こうしたアンバランスな組み合わせによって生まれる楽しさが非常に好きです。シナリオもとても面白かったです」と、高い満足感を示した。続けて「何より作品が『私を説得させられるのか』ということを非常に重要視しています。実は、昔は納得できない状況でも演技をしたりしていましたが、最近はそうしないように努力しています」と付け加えた。

また、チャ・スンウォンは劇中のチョン・マンスのように、実際にも芸能界の代表的な“親バカ”として名前が挙げられることに対する考えを伝えた。彼は「子供は親に借りがあり、僕も両親に借りがあります。僕が借りを作った分だけ、僕の子供の面倒を見るだけです。他の人たちがやっていることと同じで、特別なことではありません」と話した。

続けて、彼は「仕事がない時はほとんど家にいます。特別な趣味もなく、会う人もいません。だからと言って、退屈だと感じたこともないです」と話した。

“悲運の家長”パク・ドンウォン役を務めたキム・ソンギュン、キム代理役のイ・グァンス、情熱溢れるインターンのウンジュ役に扮したキム・ヘジュンと共演した感想も語った。チャ・スンウォンは「キム・ソンギュン、イ・グァンス、キム・ヘジュンはみんな心が優しくて、とても人間愛に溢れている人達です。また、とても真面目です」と絶賛した。

続けて「『シンクホール』は、たくさん学びを得ることができた撮影現場でした」とし「私も俳優業を長くやってきた方だと思いますが、共演者と一緒に撮影していて本当に心強く、学ぶことが多かったです」と振り返った。

彼は「キム・ソンギュン、イ・グァンス、キム・ヘジュンとはほぼ3ヶ月間ずっと一緒でした。作品のほかに些細なこと、日常的なこともたくさん共有するくらい絆が深まりました。撮影が終わると、たまにビールも飲んだりしていて、昨日もスケジュールが終わってから、連絡をしました」と、チームワークを誇った。

今年でデビュー34年目で、大先輩の位置にあるチャ・スンウォン。しかし、彼は「現場で『あの先輩がいるよ』と言われること自体がよくないと思います。先輩はただの先輩で、撮影現場ではそれを示すべきではないと思うんです。もちろん、気難しくない先輩はいないと思います。先輩はいつも気難しい存在ですから。だからこそ、僕が先に何かの経験を話したり、そういうことをするのはあまり好きではありません」と、謙遜した姿を見せた。

続けて、「僕の経験が正しいものなのか、正しくないものなのか僕自身もよくわからないのに、アドバイスなんかできないです。ただ、後輩たちより長く生きてきているだけなので、先輩だからと言って、なにかをするのは少し嫌です」と話した。

「シンクホール」に続いて披露する次回作「ある日」にも言及した。「ある日」はオンライン動画配信サービス(OTT)COUPANG PLAY初の独占コンテンツで、1人の女性の殺人事件を巡る2人の男性の激しい物語を通じて、大衆的な観点から刑事司法制度を暴く、全8部作のドラマだ。

現在、チャ・スンウォンは俳優のキム・スヒョンと撮影に臨んでいる。彼は「キム・スヒョンは自分のすべきことをする人です。彼にしかないものがあると感じさせられます。振り回されず、慎重に努力する人です」と、高く評価した。

チャ・スンウォンは「一所懸命に撮影しています。『ある日』の撮影現場は『シンクホール』とは違って、法廷ドラマなので暗記しなければならないことも多いです」とし「来年5月頃に撮影が終わる予定です」と語った。

記者 : キム・ナラ