イ・ハニ&イ・サンユン出演、新ドラマ「One the Woman」予告映像を公開…意外なコンビが誕生?

MYDAILY |

写真=SBS
SBS新金土ドラマ「One the Woman」(脚本:キム・ユン、演出:チェ・ヨンフン)のイ・ハニとイ・サンユンが“同床異夢のコンビプレイ”を予告した。

「One the Woman」は、検事から一夜にして財閥家の令嬢に人生がチェンジしてしまった後、財閥家に入った“不良検事”のダブルライフコミカルドラマだ。

イ・ハニは、劇中で“不良指数100%”の検事チョ・ヨンジュ役と、韓国屈指の財閥ハンジュグループの嫁カン・ミナ役を務めて、デビュー後初めて一人二役に挑戦する。イ・サンユンは財閥3世出身だが、自身の能力で財閥1世になったハン・スンウク役に扮して、図々しさと冷たさを行き来するギャップのある熱演を披露する。

今回、イ・ハニとイ・サンユンが“運命打倒ダブルライフ”のスリリングな快感を知らせる予告映像第3弾が公開された。まず空港に入国したハン・スンウク(イ・サンユン)は「韓国に戻ってきた本当の理由は何?」という話に、巨大な家を見つめて「決心しました。すべてを元に戻すと」とハンジュグループに対する計画を明かした。続いて彼は雨の中で冷たい目で鷹の模型を見つめ、強烈なオーラをアピールした。

その後、ハン・スンウクは「私たちが先にミナに会わないといけないです」と声を上げ、ドレスルームでピンク色のワンピースを選んだカン・ミナ(イ・ハニ)は考え込む。そしてカン・ミナの裏に、顔も服も同じであるチョ・ヨンジュ(イ・ハニ)が堂々と歩いて出てきて混乱を与えた。ハン・スンウクはカン・ミナにそっくりであるチョ・ヨンジュを見て疑いを抱き、チョ・ヨンジュはこれを意識したように顔色をうかがう姿で興味をそそった。

チョ・ヨンジュは「声が大きい人が勝つんですよ!」と叫び、静かな礼拝場を揺るがす。一方、ハン・スンウクの前では「分かりますよ。たまに私は正気じゃないです」と冗談を言って怪しさを倍増させた。しかし、すぐに調査室に閉じ込められて「なぜ今これを私に渡すのですか」と悩みに包まれ、ハン・スンウクは「彼女がこれを知っているのか知らないのかが問題ですね」と、誰かと連絡して意味深な雰囲気を醸し出した。

その後、チョ・ヨンジュとハン・スンウクの決然としたツーショットが公開されて雰囲気を逆転させた。ハン・ヨンシク(チョン・グクファン)と心理戦を繰り広げたハン・スンウクとは異なり、チョ・ヨンジュはスカーフとサングラスで顔を隠して、取材陣を避けて危機感を高めた。2人がパワハラと不正を撲滅するコンビとして生まれ変わるのか、一風変わったサイダーのようなシナジー(相乗効果)に期待が高まっている。

制作陣は「『One the Woman』は“記憶喪失”という通念的な題材をひっくり返す斬新さで、視聴者に痛快な面白さを与える予定だ」とし「イ・ハニ、イ・サンユンの痛快なダブルパンチはもちろん、コミック、アクション、ミステリー、ヒューマンまで総合ギフトセットのような愉快さを与える『One the Woman』に多くの関心をお願いしたい」とコメントした。

これに先立って公開された第1弾、2弾の予告映像でも注目を集めた「One the Woman」は、韓国で9月17日の午後10時に初放送される。





記者 : オ・ユンジュ