BTS(防弾少年団) のV、アイデアの宝庫?自主制作バラエティで見せた芸術的な感覚とセンスが話題に

MYDAILY |

写真=「Run BTS!」画面キャプチャー
BTS(防弾少年団)のVが、センスあるアイデアと生まれながらの芸術的感覚で、セルフインテリアを成功裏に完成した。

BTSは8月31日、自主制作バラエティ番組「Run BTS!」の149番目のエピソード「パンタン(BTS)インテリア2」編を公開した。

メンバーたちは先週に続いて今回の放送でも「僕たちならではの作業室飾り」というテーマで、2つのチームに分かれてセルフインテリア装飾に挑戦した。VはRM、ジン、J-HOPEと同じチームになった。創造力の宝庫であるVのアイデアで、J-HOPEとVは壁のペインティングを、RMとジンは家具の組み立てを担当した。

壁面を塗っている途中でもVは、カメラにキャッチされる瞬間ごとにファンの心をときめかせた。しばらく水を飲みながら考えるシーンでさえも、まるでCMのワンシーンかのような雰囲気を演出し、抜群のビジュアルでファンを魅了した。

Vは壁全体をダークブルー色で塗ってから、黄色のペンキをまき散らす“ドリッピング”でアクセントをつけることにした。見守っていたメンバーたちは「わ~テヒョン(Vの本名)が作品に集中し始めた」「いい感じだね!」「テヒョンの壁は作品みたい」と賛辞を送った。

抽象表現主義の先駆者であるジャクソン・ポロックのドリッピングに着目したVの表現方法に、制作陣も「この瞬間は、まるで画家ジャクソン・ビロック(ジャクソン・ポロック+V)のようだった」という字幕で絶賛した。

壁と床を完成させて家具を配置していると、Vは残った板に即興で絵を描き始めた。ジャン=ミシェル・バスキアの落書きの様な絵のように、Vがペイントの道具で太くてシンプルに表現した絵も抜群の芸術センスをアピールした。「もう一度燃やす芸術の魂」「生まれながらの芸術家であるENFPタイプ人間」などの字幕が注目を集めた。

抜群の芸術センスを持つことで有名なVは、ユニークなファッションセンスをアピールしたり、服に直接絵を描いてリメイクするなど、積極的に自身ならではのスタイルを確立してきた。

・BTS(防弾少年団)のV「一緒に海へ旅立ちたい男性アイドル」で1位に…王子様のようなビジュアルに胸キュン

・BTS(防弾少年団)のV、韓国芸能人として初めてインスタで“900万いいね”を記録…SNSでも圧倒的な人気

記者 : クァク・ミョンドン