イ・ソンギョン&キム・ヨンデ、新ドラマ「流れ星」に出演決定…芸能界のリアルな現場ストーリーを描く

TVREPORT |

写真=YG ENTERTAINMENT、Outer Korea
芸能界の第一線にいる人々のストーリーを描くtvN「流れ星」が、イ・ソンギョン、キム・ヨンデをキャスティングして9月末にクランクインする。

“流れ星”は“星の糞を片付けるいろんな人々”の話を描くという意味を持ち、スターケアの第一線にいるマネジメント広報チーム長のオ・ハンビョルと彼女の天敵で完璧なトップスターのコン・テソンの愛憎いっぱいのラブコメディを描く。空の星のようなスターたちの後ろで、彼らを輝かせるために血、汗、涙を流す人々のリアルな現場ストーリーを描く。チェ・ヨンウが執筆し、「その男の記憶法」「昼と夜」「魔女食堂に来てください」を演出したイ・スヒョン監督がメガホンをとる。

イ・ソンギョンはマネジメント広報チーム長のオ・ハンビョル役に扮する。長けた話術、優れた危機対応能力を持つ人物だ。抜群のフック力で広報、危機対応、コミュニケーションなど多方面で活躍し、業界を牛耳っている。

キム・ヨンデは、オ・ハンビョルとぎくしゃくする会社の看板スターのコン・テソン役を演じる。天使のように明るい笑顔、法律が要らないほど礼儀正しい好青年のイメージで人気を博しているトップスターだ。しかしその裏には勝負への執着、カッとなる性格があり、ギャップのある魅力を届ける。

万能広報チーム長のオ・ハンビョルと完璧なトップスターのコン・テソンの緊張感溢れる心理戦から、協力して一緒に成長していく姿まで、彼らのストーリーがロマンチックかつコミカルに描かれる予定だ。

「流れ星」の制作を担当するSTUDIO DRAGONのソ・ジェヒョンは「スターだけでなく芸能界の産業を支えるマネージャー、広報チーム、記者まで芸能界の第一線にいる人々のストーリーをリアルに描き、面白みと集中度を高めるドラマだ」と紹介した。

「流れ星」はグローバルストリーミングプラットフォームiQIYIの韓国オリジナル作品だ。

記者 : キム・ミョンシン