SEVENTEEN、Pledisとの再契約後初!10月に4ヶ月ぶりの超高速カムバックか…報道に期待高まる

OSEN |

写真=Pledisエンターテインメント
SEVENTEENが、10月にカムバックする見通しだ。

23日、OSENの取材によると、SEVENTEENは10月のカムバックに向け、新しいアルバムの準備に集中している。10月にニューアルバムを発表する場合、6月18日にリリースした8thミニアルバム「Your Choice」以来、4ヶ月ぶりに超高速でカムバックすることになる。

SEVENTEENは10月中旬頃のカムバックを目標とし、新しいアルバムの準備に邁進しているという。今回のアルバムは彼らの特色と強みを集約したアルバムになるとみられ、彼らだけの音楽世界を多様に表現することはもちろん、強みであるパフォーマンスもより一層グレードアップすると予測される。

今回のカムバックは、SEVENTEENのメンバー全員がPledisエンターテインメントと再契約を締結した後、初めて発売するニューアルバムとなる点も注目される。しっかりとしたチームワークを基に韓国はもちろん、グローバルに活躍するグループになったSEVENTEENの第2幕のスタートを告げる活動になるとみられる。

SEVENTEENは今年6月、8thミニアルバム「Your Choice」を発表し、タイトル曲「Ready to love」で精力的に活動した。このアルバムは初動売上が136万枚以上、単一アルバムで4作連続でミリオンセラーを達成した。

それだけでなく、今回のアルバムは米ビルボードのメインアルバムチャートである「ビルボード200」で初登場15位になると共に、ビルボードの「トップアルバムセールス」「トップカレントアルバムセールス」「ワールドアルバム」チャートでも1位を獲得し、グローバルな影響力を証明した。

さらに「2021 MTVビデオ・ミュージック・アワード」で「Your Choice」のタイトル曲「Ready to love」が「最優秀K-POP」部門に初めてノミネートされる快挙を達成した。

韓国を越え、海外でも絶大な人気を誇り、“K-POPのパフォーマンスを代表するアーテイスト”になったSEVENTEEN。自己最高記録を更新し、意味のある成果を収めている中、ニューアルバムでの活動にもさらに期待が高まる。

・SEVENTEEN、新リアリティ番組「In the SOOP」放送決定!メンバーのラフな姿が収められたポスター&予告映像を公開

・SEVENTEEN、デビュー後初!「2021 MTVビデオ・ミュージック・アワード」の「最優秀K-POP」部門にノミネート

記者 : ソン・ミギョン