K-POPの醍醐味!BTS(防弾少年団)からSEVENTEENまで、大ヒット曲を支える振付師たちに注目(動画あり)

Newsen |

写真=BTS Twitter
韓国を代表する“パフォーマンスメーカー”のランキングが公開された。

最近韓国で放送されたMnet「TMI NEWS」には、Weki Mekiのチェ・ユジョン、ペ・ユンジョン、アイキがゲストとして出演し、パフォーマンスメーカーをテーマに話し合った。

この日公開されたランキングによると、パフォーマンスメーカー1位はPSY(サイ)の「江南(カンナム)スタイル」の振り付けを作ったイ・ジュソンだった。「江南スタイル」の“馬ダンス”は、イ・ジュソンがたった10分で作ったという。この他にもPSYの「GENTLEMAN」「New Face」など多数の曲のダンスを手掛けた。

写真=Mnet「TMI NEWS」放送画面キャプチャー
2位はソン・ダムビの「Crazy」の“椅子ダンス”を作ったFREE MINDの代表振付師クァク・グィフンだった。ソン・ダムビは最初から椅子を使って踊るダンスをコンセプトに依頼し、クァク・グィフンはイントロから強烈な椅子ダンスを完成させた。

「Crazy」で大ブレイクしたソン・ダムビは、当時音源が6億ウォン(約6000万円)、番組が4億ウォン(約4000万円)、CMが10億ウォン(約1億円)で全部合わせて約2億円の収益を得た。またFREE MINDはOH MY GIRLの数多くのヒット曲のダンスを担当している。

3位はBrown Eyed Girlsの「Abracadabra」の“傲慢ダンス”を作ったペ・ユンジョンだった。当時Brown Eyed Girlsは「Abracadabra」で得た収益が100億ウォン(約10億円)に達したと言われ、皆を驚かせた。この他にもペ・ユンジョンはKARAの「ミスター」「Honey」「Lupin」、T-ARAの「Bo Peep Bo Peep」「あなたのせいで狂いそう」「Roly Poly」、Girl's Dayの「期待して(EXPECTATION)」「Something」、EXIDの「Up&Down」など様々なヒット曲のダンスを誕生させた。

4位は少女時代の「Genie」のダンスを手掛けたシム・ジェウォンだった。グループEagle Fiveのメンバーだったシム・ジェウォンは、現在SMエンターテインメントでパフォーマンスディレクターとして活躍している。また、公演ディレクターとしても活動し、あらゆる分野で才能を発揮している。

5位はSEVENTEENの「泣きたくない」のダンスを手掛けた振付師チェ・ヨンジュンだ。彼は自身が制作したダンスの中で一番気に入っているダンスとして同曲を挙げたという。上から見ると「X」に見える動線から現代舞踊を取り入れ、ラインを生かしたダンスで人気を博した。

6位はBTS(防弾少年団)の「Permission to Dance」のダンスを手掛けたパフォーマンスディレクターのソン・ソンドゥクだった。BTSのデビュー曲から様々なヒット曲のダンスを手掛けてきた彼は、パン・シヒョク代表が強調した「見る音楽」を完成させたという。

世界保健機関(WHO)は国際手話を活用したダンスが含まれた「Permission to Dance」について、「手話によって世界15億人の聴覚障害者たちが、生活にエネルギーを吹き込む音楽を楽しめるようにした」と高く評価した。また「Permission to Dance」の経済波及効果は約1兆7000億円(約1700億円)を記録し、CNNは2023年まで約56兆1600億ウォン(約5兆6160億円)の経済効果を予想し、話題となった。

7位には元2NE1のCLの「HELLO BITCHES」を共にしたParris Goebelになった。この曲のミュージックビデオには、ワールドヒップホップダンスチャンピオンシップで優勝したTHE ROYAL FAMILYとReQuest Dance Crewを率いるParris Goebelが出演した。彼女はダンスとパフォーマンス映像の演出を総括したという。この結果、この曲はアメリカで最も多く共有される50曲のランキングで1位となった。

第8位は、誰もが銃を撃つようにした元Wonder Girlsのソンミの「Gashina」を担当したリア・キムだ。Lia Kimが代表を務めるダンススタジオは、これまでダンスを学びに来た受講生だけでも約3万人に上るという。伝説の振り付けを作ってきたリア・キムは、イ・ヒョリ、BoA、少女時代、Wonder Girls、2NE1、TWICEなど、多くのアイドルのトレーニングを担当したことで有名だ。

9位はパク・ジェボムの「MOMMAE」に振付師として参加したHoly BangのHONEY Jだ。「MOMMAE」は別名“頭痛ダンス”で話題になった。また10位はI.O.I出身のキム・チョンハの作品を作りながら結成されたパフォーマンスチームLa Chica、11位はTWICEの「FANCY」「Feel Special」「Alcohol-Free」など、ホットなガールズグループの振付制作に欠かせない存在であるYGX、12位はイ・ヒョリ&MAMAMOOのファサ&Jessi&オム・ジョンファのユニット払戻遠征隊の「DON'T TOUCH ME」のダンスを制作したHookになった。





記者 : キム・ノウル