EXO ディオ、不良検事に変身?新ドラマ「真剣勝負」への出演を前向きに検討中

Newsen |

写真=Newsen DB
EXOのディオが新ドラマ「真剣勝負」への出演を議論している。

所属事務所であるSMエンターテインメントの関係者は13日、Newsenを通じて「ディオが『真剣勝負』の出演オファーを受け、前向きに検討している」と伝えた。

同作は不良さで武装した検事が、弱者と被害者のために変わり者だけの正義を見せつけ、検察組織と韓国に散在する全ての不正腐敗を痛快に撲殺する物語だ。彼は劇中で変わり者の不良検事、チン・ジョン役での出演オファーを受けたと伝えられた。

2012年、EXOのメンバーとしてデビューしたディオはSBS「大丈夫、愛だ」、tvN「100日の郎君様」、映画「あの日、兄貴が灯した光」「スウィング・キッズ」「神と共に」シリーズなどを通じて、俳優としての位置を固めた。

今年1月に軍服務を終え、映画「ザ・ムーン(仮題)」を撮影しており、台湾映画をリメイクした「言えない秘密」の主人公にキャスティングされた。

「真剣勝負」の具体的な編成時期と放送局はまだ未定だ。

・EXO ディオ、台湾映画のリメイク作「言えない秘密」の主人公に抜擢…2021年下半期にクランクイン予定

・“入隊中”EXO ディオ、キム・ヨンファ監督の新作「ザ・ムーン」でソル・ギョングと共演へ…来年上半期に撮影スタート

記者 : イ・ハナ